かんちゃん 音楽のある日常

yaplogから移ってきました。日々音楽を聴いて思うことを書き綴っていきます。音楽評論、想い、商品としての音源、コンサート評、などなど。

オーディオ

神奈川県立図書館所蔵CD:19~20世紀の声楽曲集

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回は19~20世紀の声楽曲を集めたアルバムをご紹介します。 19~20世紀という時代は、単に世紀をまたぐというだけではなく、時代がまさに移り変わっていった時代でもありました。音楽もその例外ではありませんでした。 …

今月のお買いもの:安田謙一郎氏によるバッハの無伴奏チェロ組曲

今月のお買いもの、令和3(2021)年5月に購入したものをご紹介しています。今回は安田謙一郎氏のチェロによるバッハの無伴奏チェロ組曲です。e-onkyoネットストアでの購入、ハイレゾ192kHz/24bitです。 いや、ほんとに偶然です。昨日リコーダー版を取り上げ…

コンサート雑感:宮前フィルハーモニー交響楽団第48回定期演奏会を聴いて

コンサート雑感、今回は令和3(2021)年5月23日に聴きに行きました、宮前フィルハーモニー交響楽団の第48回定期演奏会を取り上げます。 このブログでも何度か取り上げているアマチュアオケである、宮前フィルハーモニー交響楽団。姉妹団体にいた私が自分のと…

今月のお買いもの:ケンプが弾くベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番と第5番

今月のお買いもの、令和3(2021)年5月に購入したものをご紹介します。ヴィルヘルム・ケンプがピアニストを務める、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番と第5番「皇帝」が収録されたアルバムをご紹介します。e-onkyoネットストアでの購入、flac96kHz/24bitの…

東京の図書館から~府中市立図書館~:ラトルとウィーン・フィルによるベートーヴェン交響曲全集3

東京の図書館から、府中市立図書館のライブラリである、サイモン・ラトル指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるベートーヴェンの交響曲全集、今回はその第3集を取り上げます。 第3集には第4番と第6番が収録されているんですが・・・・・・第6…

今月のお買いもの:リサ・バティアシュヴィリとバレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリンによるチャイコフスキーとシベリウスのヴァイオリン協奏曲

今月のお買いもの、令和3(2021)年4月に購入したものをご紹介します。e-onkyoネットストアにて購入しました、リサ・バティアシュヴィリのヴァイオリン、ダニエル・バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリンによるチャイコフスキーとシベリウスのヴァイオ…

東京の図書館から~府中市立図書館~:ラトルとウィーン・フィルによるベートーヴェン交響曲全集1

東京の図書館から、今回から4回シリーズで、府中市立図書館のライブラリである、ラトル指揮ウィーン・フィルによるベートーヴェン交響曲全集を取り上げます。 全集ものならかなりそろっているのが府中市立図書館ですが、このラトルとウィーン・フィルのもの…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:モーツァルト初期ヴァイオリン・ソナタ集2

東京の図書館から、小金井市立図書館のライブラリである、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集を取り上げていますが、今回はその第2集を取り上げます。 第2集には、第8番から第16番までが収録されています。作曲年代から言ってギャラントな作品となってい…

今月のお買いもの:飯森範親と日本センチュリー交響楽団のハイドン・マラソン10

今月のお買いもの、令和3(2021)年3月に購入したものをご紹介します。シリーズで買い込んでいる飯森範親指揮日本センチュリー交響楽団による「ハイドン・マラソン」、今回はその第10集です。 まだまだ道は遠い、ハイドンの交響曲全集。まあ、そう簡単に終わ…

神奈川県立図書館所蔵CD:天平の甍 オリジナル・サウンドトラック

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回は武満徹の「天平の甍 オリジナル・サウンドトラック」を取り上げます。 武満徹は数々の映画音楽を作曲したことでも有名です。そのうちの一つが、この「天平の甍」です。ちなみに、甍は「いらか」と読みます。 「天平…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:モーツァルト初期ヴァイオリン・ソナタ集1

東京の図書館から、今回と次回の2回で、小金井市立図書館のライブラリである、モーツァルトの初期ヴァイオリン・ソナタ集のアルバムをご紹介します。まず今回は第1集を。 ケッヘル番号も一桁があるという、かなり若いころの作品たちが収録されています。それ…

今月のお買いもの:ローレンス・エキルベイが振る①ベートーヴェンの二つの「キワモノ」

今月のお買いもの、令和3年2月に購入したものをご紹介します。今回は指揮者ローレンス・エキルベイが指揮した二つの音源をシリーズで取り上げる第1集として、ベートーヴェンの合唱幻想曲とヴァイオリンとチェロ、ピアノと管弦楽のための協奏曲が収録されたア…

神奈川県立図書館所蔵CD:グラナドス ピアノ作品全集5

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、シリーズでグラナドスのピアノ作品全集を取り上げていますが、今回はその第5集を取り上げます。 第5集は二つの大作、「ロマンティックな情景」と「スペイン民謡による6つの小品」がまず第1曲目と第2曲目に収録されていま…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:デイヴィス指揮ドレスデン・シュターツカペレによるシューベルト交響曲全集1

東京の図書館から、今回から4回シリーズで、小金井市立図書館のライブラリである、サー・コリン・デイヴィス指揮ドレスデン・シュターツカペレによるシューベルトの交響曲全集を取り上げます。 西側の指揮者と東側のオケという、一時期はやった組み合わせで…

東京の図書館から~府中市立図書館~:ショルティとシカゴ交響楽団によるベートーヴェン交響曲全集4

東京の図書館から、シリーズで府中市立図書館のライブラリである、ショルティ指揮シカゴ交響楽団の演奏によるベートーヴェン交響曲全集をとりあげていますが、今回はその最終第4集を取り上げます。 この演奏は不思議だなあと思います。どっしりしつつも、ど…

今月のお買いもの:BCJによるオケ付き第九

今月のお買いもの、令和3(2021)年1月に購入したものをご紹介します。BCJによるベートーヴェンの第九です。e-onkyoネットストアでの購入です。 BCJは第九の録音はこれともう一つ、ワーグナー版を出しています。小川典子のピアノによるもので、合唱がBCJで、…

今月のお買いもの:ジョナサン・ノットと東京交響楽団の第九

今月のお買いもの、令和2(2020)年12月に購入したものをご紹介します。ジョナサン・ノットが東京交響楽団を指揮した、ベートーヴェンの第九です。e-onkyoネットストアでの購入です。 12月でかつ種子島から戻ってきたというタイミング。どうしても第九が欲し…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:ブロムシュテットが振るシベリウス交響曲全集4

東京の図書館から、4回シリーズで取り上げている、小金井市立図書館のライブラリである、シベリウスの交響曲全集、今回は最後の第4集をとりあげます。 第4集には、第4番と第5番が収録されています。録音時間の都合上、どうしても番号順とはいかなかったこの…

今月のお買いもの:小澤征爾と水戸室内管弦楽団による第九

今月のお買いもの、令和2(2020)年11月に購入したものをご紹介します。au music storeにて購入しました、小澤征爾指揮水戸室内管弦楽団によるベートーヴェンの「第九」です。ハイレゾ96kHz/24bitです。 購入当時、プロジェクト終了が近くて、職場が一つのチ…

今月のお買いもの:クルレンツィス指揮ムジカ・エテルナの「運命」

今月のお買いもの、令和2(2020)年10月に購入したものをご紹介します。クルレンツィス指揮ムジカ・エテルナの演奏によるベートーヴェンの交響曲第5番「運命」のアルバムです。au LISMOストアでの購入です。 ご紹介してはいませんが、私のキャリアであるauで…

東京の図書館から~小金井市立図書館~ブロムシュテットが振るシベリウス交響曲全集1

東京の図書館から、今回から4回に渡りまして、ヘルベルト・ブロムシュテット指揮サンフランシスコ交響楽団によるシベリウスの交響曲全集をとりあげます。 シベリウスの交響曲と言えば、カラヤン、ベルグルンド、そしてネーメ・ヤルヴィという3人の指揮者が念…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:クレンペラーが振るドイツ・レクイエム

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、クレンペラーがフィルハーモニア管弦楽団で振ったブラームスのドイツ・レクイエムの演奏を収録したアルバムをご紹介します。 ドイツ・レクイエムはもう何種類持っているでしょうか?そんな中で…

神奈川県立図書館所蔵CD:クラヴィコードの世界~秘められた音楽領域を探る~

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回はちょっと変わったところが出しているCDをご紹介します。クラヴィコードの演奏を収録したアルバムです。 そもそも、クラヴィコードと言われてピン!と来る人は少ないのではないでしょうか?これもチェンバロの別の呼…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:バッハ ヴァイオリン・ソナタ集1

東京の図書館から、今回と次回の2回に渡りまして、小金井市立図書館のライブラリである、バッハのヴァイオリン・ソナタ集を取り上げます。 ソナタと言えばピアノ・ソナタがあまりにも突出して有名すぎて、実は室内楽であるということがどこか忘れられている…

今月のお買いもの:東京交響楽団 Live from Muza! モーツァルトマチネ第40回

今月のお買いもの、令和2年8月に購入したものをご紹介します。e-onkyoネットストアにて購入しました、東京交響楽団のLive from Muza!モーツァルトマチネ第40回のアルバムです。192kHz/24bitのハイレゾです。 これは以前、コンサート雑感で取り上げた公演を録…

神奈川県立図書館所蔵CD:ミスリヴェチェク ヴァイオリン協奏曲集

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回はチェコの作曲家ミスリヴェチェクのヴァイオリン協奏曲を集録したアルバムをご紹介します。 この手はナクソス、ということが多いのですが、確かナクソスではなく、スプラフォンだったと記憶しています。ロケーション…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:ハイティンクとロンドン・フィルによるリスト交響詩全集2

東京の図書館から、シリーズで小金井市立図書館のライブラリである、ハイティンク指揮ロンドン・フィルによるリストの交響詩全集をとりあげていますが、今回はその第2集をとりあげます。 番号順で収録されているこの全集、第2集には第4番「オルフェウス」か…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:ハイティンクとロンドン・フィルによるリスト交響詩全集1

東京の図書館から、今回から4回シリーズで、小金井市立図書館のライブラリである、ハイティンクとロンドン・フィルによるリストの交響詩全集のアルバムをご紹介します。 以前、図書館にあるCDなんて、有名どころばかりだろ?と揶揄されたことがありますが、…

東京の図書館から~府中市立図書館~:シューリヒトとパリ音楽院管弦楽団によるベートーヴェン交響曲全集3

東京の図書館から、シリーズで府中市立図書館のライブラリである、カール・シューリヒトとパリ音楽院管弦楽団の演奏によるベートーヴェンの交響曲全集をとりあげていますが、今回はその第3回目。第3集を取り上げます。 第3集には、第4番と第5番が収録されて…

東京の図書館から~府中市立図書館~:シューリヒトとパリ音楽院管によるベートーヴェン交響曲全集2

東京の図書館から、府中市立図書館のライブラリである、カール・シューリヒト指揮パリ音楽院管弦楽団によるベートーヴェン交響曲全集をとりあげている4回シリーズ。その第2回である今回は、第2集を取り上げます。 第2集では第2番と第7番が取り上げられていま…