かんちゃん 音楽のある日常

yaplogから移ってきました。日々音楽を聴いて思うことを書き綴っていきます。音楽評論、想い、商品としての音源、コンサート評、などなど。

東京の図書館から~小金井市立図書館~:退廃音楽シリーズ

東京の図書館から、小金井市立図書館のライブラリである、退廃音楽シリーズの一枚を取り上げます。

退廃音楽シリーズは、以前「今月のお買いもの」コーナーで取り上げていますが、今一度退廃音楽と何か?を確認しておきましょう。

ja.wikipedia.org

ようするに、ナチスが推し進める理想的な社会を妨害する音楽、というのが端的な説明でしょう。しかしこれは、1930年代のヨーロッパでは広く認識されていた価値観でもあったことを、申し添えておきます。

その意味では、ナチスの台頭は自然なものだったともいえますが、それはここでは置いといて・・・・・

上記ウィキで出てくる作曲家が、このアルバムには二人います。ヴァイルとクルシェネクです。ジャズ的という意味では、1曲目のコルンゴルトもまさにと言えるでしょう。つまり、このアルバムは退廃音楽がどのようなものだったのかを、端的に知ることができる一枚になっていると言えるでしょう。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

このアルバムではクルシェネクはクシェネクと記載されていましたが同じ人物です。

今聴いてみますと、コルンゴルトは映画音楽的な要素がありつつも非常にダイナミックですし、ヴァイルはオーケストラの響きとソリストとの共演振りが絶妙!そしてクルシェネクは3つの楽章がつながっていつつも、洒脱な音楽は気品すら感じます。

このように魅力満載なのに、要するに和声やバックボーンだけで否定された音楽であったと言えるのです。ヴァイルなどは単にユダヤ人というだけで、です。その音楽をかみしめての否定ではないという点が怖ろしく感じます。ですが・・・・・

それは現代的問題でもあります。ロシアのウクライナ侵攻によって、それは図らずも浮かび上がったと言えるでしょう。このナチスの指定を、一体現代誰が批判できるのでしょうか。欧米やロシアのプロパガンダに踊らされて、相互の芸術をも否定するような動きが出ていることを、私は憂慮します。その結果、ナチスと同じ過ちを繰り返そうとしているのはいったい誰なのでしょうか?

ウクライナの人々が、戦争が終わったらチャイコフスキーを演奏したいと語ったことがとても印象的に残っています。ロシアの侵攻は許さないが、しかし芸術は愛している・・・・・この境界線引きが理解できない人が、日本には欧米派、ロシア派双方に多数存在する事が残念でなりません。結果、21世紀の退廃音楽が生まれるのではないかと危惧しております。

その意味では、このアルバムの価値はさらに高まったと言えるでしょう。その演奏を、ベルリン響が行っており、しかも卓越した表現力で作品の魅力を引き出しているということで、一つのメッセージになっている点も、重要でしょう。今こそ、多くの人にこの「退廃音楽シリーズ」は聴かれるべきだと思いますし、ぜひとも再販を、できればハイレゾでお願いしたいところです。録音状態も素晴らしいもので、DSEE HXを動作させてハイレゾ相当で聴きますと、その臨場感は素晴らしいものがありますので・・・・・

 


聴いている音源
退廃音楽シリーズ
エーリヒ・コルンゴルト作曲
ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35
クルト・ヴァイル作曲
ヴァイオリンと管楽のための協奏曲 作品12
エルンスト・クシェネク作曲
ヴァイオリン協奏曲第1番作品29
シャンタル・ジュイエ(ヴァイオリン)
ジョン・マウチェリー指揮
ベルリン放送交響楽団

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~小金井市立図書館~:グラズノフとバラキエフのピアノ作品集

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、グラズノフとバラキエフのピアノ作品を収録したアルバムをご紹介します。

グラズノフ音楽史上実は非常に重要な役割りを果たした人なのですが、いまいち日本では人気がない作曲家です。このブログでも交響曲を取り上げたことがありますが、あまり見られなかったことがデータからわかっています。

いやあ、ショスタコーヴィチグラズノフがいなかったら世に出たかどうか、わからないんですよ?え、敵国ロシアの作曲家だからどうでもいい?

ja.wikipedia.org

今こそ、ショスタコーヴィチ交響曲が聴かれる時だと思うのですが、もしロシアの作曲家というだけで偏見で見るのであれば、それはショスタコーヴィチという作曲家の芸術を知らないと言うだけですし。むし同調圧力と戦い続けた作曲家がショスタコーヴィチであり、そのショスタコーヴィチが世に出るきっかけを作ったのはまぎれもなくグラズノフなのです。

そんなグラズノフのピアノ作品は全体の割合からすれば決して多いとは言えませんが、それでも魅力的な作品を残しています。特にここに収録されているピアノ・ソナタ第1番と、大コンサート・ワルツ変ホ長調は壮麗な作品で、決して一発屋でもなかった、実力ある作曲家だったことを物語ります。

そのグラズノフを世に出したのが、師匠バラキエフグラズノフよりはロシア的な作品を多く書いた人ですから、収録されている2作品いずれもどこか西洋とは異なる「色」が見受けられます。

とはいえ、グラズノフも十分ロシア的な響きをもった作品を書いた人ですが、どちらかと言えば後期ロマン派正当な音色を持つ作品も結構ある人でもあります。これがグラズノフの面白い点だと思いますし、また魅力でもあります。

演奏するのは、アルト・サトゥカンガス。ロシアというよりはフィンランドのピアニストです。しかしロシアのピアニスト顔負けの、ロマンティックで情熱的な演奏を聴くことができます。フィンランドの地方都市ヤルヴェンパーのホールで収録されたこのアルバムは、残響もそうですが豊かな音色に浸れる一枚だと言えるでしょう。しかもそれが、グラズノフの作品で、です。

本来は、ロシアのクラシック芸術は素晴らしいものですし。サトゥカンガスはおそらく、そのロシアに近い国という地理的条件もあって、感情移入も半端ないのだと思います。それゆえに作品が持つ生命が、私の魂まで伝わってきます。こういう芸術だけは、敵見方を問わず、楽しみそして残していきたいものです。

 


聴いている音源
アレクサンドル・グラズノフ作曲
ピアノ・ソナタ第1番変ロ長調作品74
3つのエチュード 作品31
ノクターン 変ニ長調作品37
大コンサート・ワルツ変ホ長調作品41
ミリ・バラキレフ作曲
エチュード 変ニ長調(庭園にて)
イスラメイ
アルト・サトゥカンガス(ピアノ)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~小金井市立図書館~:グリュミオーが弾くヴュータンのヴァイオリン協奏曲第4番と第5番

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、アルテュールグリュミオーのヴァイオリンで演奏されるヴュータンのヴァイオリン協奏曲第4番と第5番を収録したアルバムをご紹介します。

ヴュータンのヴァイオリン協奏曲は、すでに全曲をナクソスでそろえている私ですが、名手グリュミオーの演奏が図書館にあるのを見つけて、では借りてみようと思って借りてみたものです。やはりヴィルトォーソが作曲した作品を、名手がどのように演奏するのかはとても興味があるものです。

本来はヨーロッパではグリュミオーのような名手がどんどんヴュータンのヴァイオリン協奏曲は演奏して、録音されているはずなのですが、日本ではあまり入ってきていないようで、このグリュミオーのものしか確認できないような感じです。其れ以外ではナクソスから出ている全集ということになります。その演奏もすさまじくて情熱的なので私は好きですが・・・・・

グリュミオーはまずはヴァイオリンを歌わせます。その中で激しい場面だったりはあらん限りの情熱を傾けるといった演奏です。少なくともあまり演奏されない作品だからとかいう特別視ではなく、むしろ普通に受け止めて、存分に感情を込めると言った感じを受けます。

第4番の第2楽章スケルツォは、ヴァイオリンの激しさが魅力的な楽章ですが、ヴァイオリンがオーケストラに埋没してしまっているのはちょっと残念。ほんとうはもっとはっきりしているのでしょうが、ステレオ初期という当時の録音技術の未熟さが、作品と演奏の魅力を減じてしまっているなあと感じます。

そしてそれが、我が国に置いて、ヴュータンの作品があまりプロでも演奏されないという状況につながっているんだろうと思います。ロマン派においてヴァイオリン協奏曲を多く作曲し、古典派と後期ロマン派の橋渡しをした優れた作曲家がヴュータンです。つい演奏にのめりこむような魅力的なものも多い中で、我が国で広がらなかったのはひとえに、このようなグリュミオーも大した演奏をしていないんだから大した作曲家ではないというような表面的な理解、受け止めが広がってしまったせいではないかと思います。

しかし、今DSEE HXを動作させてハイレゾ相当で聴いてみると、実につやのある演奏になっているんです。こんな魅力的な演奏を聴いても、ヴュータンという作曲家の作品になんら興味を持たなかったとは・・・・・と愕然としています。勿論、名手を神格化するのも良くないとは思うのですが、かといって逆に名手がいいかげんなんだからというのも立派な神格化だと私は理解しているのですが・・・・・

さすがグリュミオーという演奏が随所に有って、きいていていつの間にかうっとり、なんてこともある演奏なのに、実にもったいない気がします。もっと聴かれる演奏だと思いますし、これを機にもっとヴュータンの作品は演奏機会が増えてほしいと願います。

 


聴いている音源
アンリ・ヴュータン作曲
ヴァイオリン協奏曲第4番ニ短調作品31
ヴァイオリン協奏曲第5番イ短調作品37
アルテュールグリュミオー(ヴァイオリン)
マニュエル・ロザンタール指揮
コンセール・ラムルー管弦楽団

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~小金井市立図書館~:サヴァリッシュ指揮シュターツカペレ・ドレスデンによるシューマン交響曲全集2

東京の図書館から、小金井市立図書館のライブラリである、ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮シュターツカペレ・ドレスデンの演奏によるシューマン交響曲全集を取り上げる2回シリーズ、今回はその第2回です。

2枚組の全集の2枚目は、第3番と第4番、そしてマンフレッド序曲が収録されています。全体的には重厚な響きを持ちつつ、生命力もしっかり存在するのが魅力的です。

第3番と第4番はシューマン交響曲の中でも和声的に特徴的な作品ですが、それがシューマンなんだと思わせる、説得力ある演奏。こういう味のある演奏はさすがサヴァリッシュだよなあと思います。さらに美しいシュターツカペレ・ドレスデンの響きが、癖のあるシューマンの作品にもしっかりと美しさが存在することを教えてくれます。

そしてさらに癖のある和声を持つのがマンフレッド序曲。特に冒頭の和声を十分鳴らしながら、徐々にテンポを上げて情熱的な演奏へと持って行くのはサヴァリッシュらしさでもありますがさすがとうなってしまいます。

一見堅実な演奏をしているようにみえるけれど、実はとても情熱的な演奏ということもサヴァリッシュのタクトの特徴でもあります。その特徴が存分に表れているのがこのアルバムだと言えるでしょう。

シューマン交響曲に魅力がたくさんあるんだと気づけるアルバムはなかなかありません。とはいえ私としてはすでにジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管で経験済みなのですが、このサヴァリッシュ指揮シュターツカペレ・ドレスデンの演奏は真反対のスタンスなのですがともにうなってしまう、さすがプロだと言える演奏です。

サヴァリッシュのタクトは、ともすれば前時代的な解釈であるとみなされることもあるのですが、しかし作品の生命を実によく引き出すことにも成功することが多いのです。このシューマンのアルバムでも同様です。私の中では多少テンポという意味では美意識と異なるのですが、しかしサヴァリッシュのタクトなら安心できるという意識があります。

シューマンのような癖の強い作曲家の作品であっても、サヴァリッシュのタクトは同様に内包されている生命力を引き出している、素晴らしい演奏であると言えるでしょう。

 


聴いている音源
ロベルト・シューマン作曲
交響曲第3番変ホ長調作品97「ライン」
交響曲第4番ニ短調作品120
劇音楽「マンフレッド」作品115 序曲
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮
シュターツカペレ・ドレスデンドレスデン国立管弦楽団

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

音楽雑記帳:インバル指揮フランクフルト放送響の演奏によるマーラー交響曲第5番をハイレゾ相当で聴いてみる

音楽雑記帳、今回は私のコレクションの中から、エリアフ・インバル指揮フランクフルト放送交響楽団演奏のマーラー作曲交響曲第5番を、ハイレゾDSD2.8kHz相当で聴いてみた、ということで書いていきたいと思います。

6月に購入したハイレゾの中に、DENONORTハイレゾがありました。その音質はとてもよく、さすがだと思ったのですが、実はe-onkyoで選べる中に、すでに私が持っているインバル指揮フランクフルト放送響によるマーラー交響曲第5番の音源がありました。

なら、買う前に、そのCDを機械的ハイレゾ相当にして聴いてみようじゃないか、ということでやってみたのが今回の企画、ということになります。

私はハイレゾ再生用に二つのプレーヤーアプリをPCに入れています。二つともソニーですが、一つは主として使っているMusic Center for PC、そしてもう一つはCDで楽章がそれぞれ分かれていることが初めからわかっているものを再生するときに使う、Hi-Res Audio Playerです。今回は後者のHi-Res Audio Playerを使っています。

これはハイレゾ相当になるときにはDSD1kHzで再生するので、実はMusic Center for PCよりも高音質なのですが、楽章でギャップが必ず生まれてしまうのが欠点なので、使う機会は限りなく0に近いプレーヤーでもあります。しかしマーラー交響曲第5番は確実に楽章が分かれているので、安心して使えます。

その結果は・・・・・いや、e-onkyoで買う必要なし、です。CDプレーヤーで再生するよりも確実に高音質で再生してくれます。しかもハイレゾらしい、音の細やかさと、空気感は半端ありません。このディスクにそれだけの情報が詰まっていたか!とつい膝を叩いてしまいます。

もちろん、メディアはCDなので、44.1kHz/16bitです。それをしっかりとハイレゾ相当で聴いてみれば、なんと情報量がまだあったことか!と思うのです。勿論これは録音当時の「音」を再現できるものではないですし、それはハイレゾそのものであっても同様です。しかし限りなくCDのデータ量でも、ハイレゾ相当のデータとしてきくことができるのであれば、何も再びお金を出す必要はないと言えるでしょう。

むしろ、PCMでリマスターするのではなく、DSDでリマスターするほうがいいのでは?という気がしました。実はDENONの音源は私は大抵dbpowerampでアップコンバートしたうえでCDexflac可逆圧縮するのがハイレゾ相当で聴くときの通例です。ですがDSDならCDそのものでも艶のある臨場感あふれる音場を作ってくれます。DENONさんにはぜひとも参考にしていただけたらと思う次第です。

そしてこれなら、e-onkyoに最近新たに販売したファイルがないのも納得だなあと思うんです。CDを買ってもらい、それぞれでアップコンバートするほうがコストは安上がりです。ソニーの技術にDENONをはじめとする日本コロンビアが負けた、ということになろうかと思います。それだけ、ソニーのアップサンプリング技術は高く素晴らしいことを意味します。特にDSDへのアップサンプリングはぴか一です。

そういう事を知ってか知らぬか、実は最近父とパナソニックハイレゾ対応のアンプでPCと直につなげるコンポを作ったことを話題にしたことがありました。赤井電機のエンジニアだった父は、なんと!私がテクニクスだからというのに反応して「テクニクス程度、だからwwwwww」

・・・・・お父さん、それ、かなり爆弾発言よ、と思いつつ、でもオーディオエンジニアとして音質をカセットデッキという世界で追求してきた父だからこその批判なんだろうなあと思いながら、苦笑しながら受け流していました。つまり、今残っているオーディオメーカーでも、ピンからキリまである、ということを意味します。日本コロンビアはそんな中、ソニーという歴史ある、そう簡単には倒れない技術の巨人相手に、敗退せざるを得なかった、ということになろうかとおもいます。つまりは、「テクニクス程度」にすらなれなかった、ということを意味するからです。勿論、6月に購入したハイレゾ音源の音質は本当に素晴らしかったのですが・・・・・

実はその技術、2015年あたりのものなんです。そこからたった7年で、機械的ハイレゾ相当にアップサンプリングする技術のほうが勝ってしまったということになるんです。時代はあっという間に移ろっていきます。カセットデッキの世界で、そんな速い移り変わりを経験した父だからこその皮肉だったと、今では理解できます。そして日本コロンビア、つまりはDENONがなぜ今新しい音源を提供しないのかも、今回の企画で存分に体験できる機会となりました。

こうなると、やはりソニーさんに、PCとつなげられるハイレゾ対応アンプを、できれば安価で市場に出していただきたいなあという気がします。中華ポタアンに音質で対抗できるのはやはりソニーであろうと、私は予測するためです・・・・・・

ぜひ、願いが届くといいなと思っています。七夕は当の昔に今年は終わっておりますが・・・・・・

 

 

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~小金井市立図書館~:サヴァリッシュとシュターツカペレ・ドレスデンによるシューマン交響曲全集1

東京の図書館から、今回と次回の2回で、小金井市立図書館のライブラリである、ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮シュターツカペレ・ドレスデンの演奏によるシューマン交響曲全集を収録したアルバムをご紹介します。

シューマン交響曲に関しては、すでに幾度か取り上げておりますので、この2回に関しましては、演奏について語っていきたいと思います。

ヴォルフガング・サヴァリッシュ。私が好きな指揮者の一人です。最初にベートーヴェンの第九の演奏に出会ったのも、サヴァリッシュが指揮したN響のものです。堅実な演奏をしつつも、熱いものが込められている演奏であるのが魅力です。

まず、第1回はシューマン交響曲第1番と第2番が収録されている、1枚目をご紹介となります。シューマン交響曲は決して番号順に成立したわけではありませんが、それでもこの第1番と第2番はシューマンの個性が前面に出ている作品。それを奇をてらうことなくオケに演奏させるのが、サヴァリッシュ流。

オーケストラは、シュターツカペレ・ドレスデン。借りてきたCDには「ドレスデン国立管弦楽団」とありますが、正確にはザクセン州立歌劇場のオーケストラであるので、国立という名を当てはめるのなら「ドレスデン国立歌劇場管弦楽団」のほうがより正しいのではないかという気がします。ウィーン・フィルのように使い分けるということがないので(ウィーン・フィルも国立歌劇場のオーケストラなので、歌劇場にてオペラのオーケストラになるときは「ウィーン国立歌劇場管弦楽団」の名称を名乗ります)・・・・・

ja.wikipedia.org

もっと言えば「ザクセン州立歌劇場管弦楽団」になるのかもしれませんが、ただシュターツカペレ・ドレスデンを和訳するならやはり「ドレスデン国立歌劇場管弦楽団」のほうが正確でしょう。ただし、現在ドイツの歌劇場で国立はなく州立です。ザクセン州立歌劇場のオーケストラが、国立歌劇場時代の栄光も含めてシュターツカペレ・ドレスデンと名乗っているのです。

その、シュターツカペレ・ドレスデンは非常に器用かつ堅実なオーケストラです。響きも美しくかつ生命力ある演奏を得意とします。そしてこういった録音ではドレスデンのルカ教会を使うことが多いのですが、この録音もその例にもれずルカ教会におけるセッション。しかしその教会の残響をうまく作品の生命として利用しているなあと思います。

サヴァリッシュはそういったオーケストラの特徴をつかんでのことなのか、どっしりとしつつもどこか生命を感じる演奏をさせていて、激しい情熱的な部分もあって、ついこちらは演奏にのめりこんでいきます。

シューマン交響曲はバランスが悪いだとか、交響曲としては失敗作だとか言われがちですが、しかしこの演奏ではむしろシューマン交響曲には個性が詰まっており、その個性が生み出すさまざまな和声や転調こそ魅力なんだと、気づかせてくれます。サヴァリッシュという人はとても地味に見えますが、端正な演奏の中に「気づき」をしこむ名人だと私は思っていますが、この演奏でも証明されているように思います。決して全体的に筋肉質というわけではないんですが、しかし部分的に筋肉質な演奏はいいアクセントになっており、シューマン交響曲が実はとてもおいしいディナーであることを教えてくれます。

これぞ、サヴァリッシュがタクトに込めた「仕込み」なのです。そしてその「下ごしらえ」は素晴らしい一皿として、私たちに提示されているのです。それはとてもおいしい一皿です・・・・・

 


聴いている音源
ロベルト・シューマン作曲
交響曲第1番変ロ長調作品36「春」
交響曲第2番ハ長調作品61
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮
シュターツカペレ・ドレスデンドレスデン国立管弦楽団

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~小金井市立図書館~:スーク・トリオによるドヴォルザークのピアノ三重奏曲集

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、ドヴォルザークピアノ三重奏曲集のアルバムをご紹介します。

ドヴォルザークのピアノ作品はあまり評価されていませんが、それでもピアノ三重奏曲となると、そんなに低く見なくてもというのが私の印象なのですが・・・・・

ドヴォルザークは1871~72年にかけて、6つのピアノ三重奏曲を作曲し、4曲を正式な作品として残しています。第1番は文字通りそれら連続する作品の1作目。演奏機会もない曲ですが、非常にボヘミアらしくもあり美しい曲です。

ja.wikipedia.org

第2番も聴いていて美しい曲で、弦が入ると水を得た魚のような生命力を作品自体が持っているなあと感じます。

で、第3番は・・・・・・おーっと!このアルバムではそこまでです。つまり、第1番と第2番が収録されているんです。そしてその2曲を演奏するのが、スーク・トリオ。この名手たちにかかりますと、演奏機会がないとされる二つの作品も実に魅力的な作品であることに気が付かされます。

決して演奏機会が多くはない作品を、喜びを以て弾いている様子が手に取るようにわかりますので、聞いているこちらも思わずノリノリになってしまいます。有名曲だけがドヴォルザークじゃないよと言いたげです。

特に、この演奏をDSEE HXを動作させて聴きますと、活きの良さが浮かび上がってきます。余計に演奏者たちの喜びが、ダイレクトに伝わってきます。こちらとしては参りましたとしか言いようがありません。決して有名ではない曲で喜びに満ちた演奏をされてしまえば、降参してその曲のすばらしさを堪能するほかはありません。

こういった演奏こそ、プロの仕事なんですよね~。参りました!降参します!という演奏。それは圧倒的なものからいずるのではなく、こういった喜びに満ちた演奏から生まれるものだと私は経験から断言します。それはホールにいるかのような感覚にさせてくれる再生技術のせいなのかもしれませんが、そうだとすれば余計、山下達郎氏が言いたいことがわかるのです。

 


聴いている音源
アントニン・ドヴォルザーク作曲
ピアノ三重奏曲第1番変ロ長調作品21
ピアノ三重奏曲第2番ト短調作品26
スーク・トリオ
 ヤン・パネンカ(ピアノ)
 ヨゼフ・スーク(ヴァイオリン)
 ヨゼフ・フッフロ(チェロ)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。