かんちゃん 音楽のある日常

yaplogから移ってきました。日々音楽を聴いて思うことを書き綴っていきます。音楽評論、想い、商品としての音源、コンサート評、などなど。

東京の図書館から~府中市立図書館~:ヴァイルとバーンスタインの管弦楽作品

東京の図書館から、今回も府中市立図書館のライブラリをご紹介します。ヴァイルとバーンスタイン管弦楽作品を収録したアルバムです。

ヴァイルと言えば、「三文オペラ」や「マハゴニー市の興亡」などオペラなどで有名な人ですが、管弦楽作品も数多く手がけています。日本ではあまりにもアメリカへ渡った後の作品が有名なのですが、私としてはその傾向には一線を画しており、このブログでも交響曲などを取り上げているかと思います。

その延長線上で、このアルバムも借りてきています。まずはヴァイルのヴァイオリン協奏曲。正確には管弦楽ではなく、吹奏楽なのですが、打楽器もあるので、吹奏楽という記述はどうなんだろーと思います。そのせいか、図書館で借りてきたときも確か単に「ヴァイオリン協奏曲(つまり、ヴァイオリンと管弦楽のための)」という記述になっていたように思います。

とはいえ、ほとんどは管楽器とのもの。まだドイツにいた時代に作曲された作品ですが、管楽器とのセッションだとは聞いていて忘れてしまうほど、ヴァイオリンの存在感があり、20世紀特有の和声など、どこかへ吹っ飛んでしまっています。

一方、バーンスタインはなんと言っても指揮者として有名で、昨年末も、ウィーン・フィルとのベートーヴェン交響曲全集の映像は東京都写真美術館でリマスターの映像が特別展として公開されていましたし、また第九に関しては、NHKでも放映されました。ですが、バーンスタインの作曲家としての側面は、FMでは多少取り上げられることがあるとしても、テレビなど映像ではほとんど取り上げられることはないのではないでしょうか。

バーンスタインに関しても、このブログでも交響曲などを取り上げており、これもやはり私は単に指揮者としてだけではなく、作曲家としても評価をしているので大勢とは一線を画しています。収録されているのは「セレナード」。プラトンの「饗宴」にインスパイアされた作品と言われていますが、私は聴いて「饗宴」という作品を、バーンスタインの視点で表現するためには、セレナードという、言わば軽めの音楽こそ最もふさわしいという判断だったのではないかと考えています。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

5つの楽章は、じつは「饗宴」における演説の順番に準拠しています。バーンスタインはその演説の深い意味というよりは、深い意味を考えつつもちょっと引いた見物者という視点を取っています。5つの楽章に出てくる7人の演説者の内容を咀嚼したうえで、その雰囲気だとかを絶妙な音楽で表現したのがこの作品です。

ですから、できれば「饗宴」を読んだ人だと、もしかするとニヤリとする部分がたくさんあると思うのですが、読んでいなくても、ウィキあたりの解説だけで、おやおや、現代でもこんな人いるよなあとか考えたりするのでとても面白い!

その意味では、やはりバーンスタインは天才だったと言えましょう。「饗宴」などプラトンが自分の著書でソクラテスを語る場合、それは本当にソクラテスの思想のみを反映しているかは、専門家の間で疑義が起こされています。そういうプラトンの姿勢すら笑い飛ばしているかのような内容は、某恋知と言われる人たちとやりあったことがある私としては、痛快さすら感じます。

そして、このアルバムの最大の特徴は、演奏しているのは二つともそもそもあまり作曲者と縁がない演奏者たちによるものだ、ということです。特にバーンスタインの作品は自作自演が多いのですが、これは全く違う指揮者、ソリスト、演奏者によるもので、エポックメイキングだと思います。ヴァイルでは不協和音が鳴り響く中、リズムも大事にして作品がもつ洒脱さやニヒリズムすら表現し、バーンスタインではその内面にある批判精神を思いっきり前面に出しています。ともすれば現代的な和声によりつまらないと感じてしまうリスクがある二つの作品に生命を宿らせ、二つとも魂を血が通った人間による作品なのだという共感にあふれています。

こういう演奏こそ、プロの仕事。特にバーンスタインのセレナーデは、すっかりファンになってしまいました。「信者」であることのいい点と悪い点を、しっかり境界線を引いていることの大切さが、演奏からにじみ出るのは、さすがヨーロッパだと思います。

 


聴いている音源
クルト・ヴァイル作曲
ヴァイオリンと管弦楽のための協奏曲作品12
レナード・バーンスタイン作曲
セレナード プラトンの「饗宴」によるソロ・ヴァイオリン、弦楽オーケストラ、ハープと打楽器のための
ロドリク・ミロシ(ヴァイオリン)
ジャン=ルイ・バセ指揮
カエン管弦楽団

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~府中市立図書館~:メルカダンテ フルート協奏曲集

東京の図書館から、今回は府中市立図書館のライブラリをご紹介します。メルカダンテのフルート協奏曲集です。

メルカダンテという作曲かは、現在ではあまりメジャーではありません。19世紀に活躍した、主にオペラ作曲家ですが、器楽曲も多く作曲しています。

ja.wikipedia.org

まあ、ウィキの記述ですが、ネットでほかに載っているものと照合する限り、ほぼ内容的には使えるものみたいなので、参照してみました。ヴェルディの活躍には嫉妬深かったみたいで、そのせいか没後時代遅れとされて現在ではほとんど演奏されないようです。

その代わり、多く演奏されるのが器楽曲で、特にフルート協奏曲。しかしメルカダンテが作曲した5つのフルート協奏曲は、すべて1814~1820年という6年間に書かれています。つまりは、メルカダンテが学生時代あるいは卒業直後の間に書かれた、若いころの作品だということになります。

なので、このフルート協奏曲たちでもって、メルカダンテの音楽の特徴を語ることは大変危険なことだと思っています。ですが、ここに収録されている3曲はどれも、古典派~前期ロマン派へと至る時代の香りに包まれています。となると、ある程度メルカダンテのオペラの音楽的特徴も、推測だけはできるような気はしています。

確かに、ヴェルディの時代にこの延長線上だとしたら、時代遅れと言われるかもなあ、と思います。ですが、聴いていて私はとても清々しいものを感じます。最も有名でイージーリスニングにも編曲されているというホ短調協奏曲の第3楽章、ロシア風ロンドも実に洒脱で、音楽を楽しむ、という気風にあふれています。

確かに私はベートーヴェンの音楽が好きですが、こういった肩の凝らない音楽も大好きです。ただ、私としてはそれだけで満たされる、というほど清貧ではないと思っておりまして・・・・・しかし、疲れているときなどは本当に「あ、自分を追い詰めなくてもいいんだ」と、ほっとさせてくれるのがこのような音楽でもあります。

そういう意味では、とても霊的な音楽である、と言えるかと思います。そういうようにメルカダンテの音楽を評するものがいなかったために、晩年はヴェルディの音楽に嫉妬したのでしょう。これを専門用語で「自己憐憫」と呼びます。例えば、自己憐憫に浸る、とか臨床心理の現場では使うのですが、全く自己憐憫に浸る必要はなかったのになあ、と思います。自分らしくあればそれでいいはずなのですが・・・・・

自分らしく生きる、そのためにベートーヴェンは芸術に全身全霊を捧げたわけで、私としては、19世紀~現代までのベートーヴェン評というのはある意味間違っている、と思っています。かれは確かに共和主義者でしたが、だからと言って貴族を嫌ったわけでもなく、貴族も王様もベートーヴェンも、誰もが一己の人間である、と考えていた、霊的な人であったにすぎません。それを神聖視し、神格化してきたのがこれまでだったのではないでしょうか。

メルカダンテはその犠牲者だと私は思います。特に、このアルバムのホ短調を聴きますと、とても音楽が深く、決して軽薄ではないことに驚かされます。この若いころの情熱を持ち続けていたら、もうちょっと異なる晩年だったのではないかなあ、と思います。

そんなメルカダンテの3つのフルート協奏曲の魅力を最大限引き出しているのに貢献しているのが、ゴールウィのフルート。検索するとパトリック・ガロワの演奏がすぐヒットしますが、このゴールウェイも結構有名なフルーティスト。だからこそ珍しいけどゴールウェイか、と思って借りたのですから。しかし軽妙かつ洒脱で、優雅でそして雄弁なフルートが歌うこと歌うこと!オケも思いっきり八茶けている部分があるのもとても気持ちよく、指揮者、オケ、そしてソリスト三者がともに音楽を楽しみ、味わっていることにより、作品が持つ魂が伝わってきます。

本来は人間の生命を賛美する作曲家だったはずなのではないかと、十分に推測させてくれる演奏は、時にふさぎ気味になってしまう現状において、清涼剤の枠割を果たしてくれています。

 


聴いている音源
サヴェリオ・メルカダンテ作曲
フルート協奏曲ニ長調
フルート協奏曲ホ短調
フルート協奏曲ホ長調
ジェームズ・ゴールウェイ(フルート)
クラウディオ・シモーネ指揮
イ・ソリスティ・ヴェネッティ

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

今月のお買いもの:タッシェン・フィルハーモニーによるベートーヴェン交響曲全集6

今月のお買いもの、令和2(2020)年7月に購入したものをご紹介しています。シリーズで取り上げているタッシェンフィルハーモニーによるベートーヴェン交響曲全集、いよいよ最後の第6回です。

最後はもちろん、第九。そもそも、この全集の存在を知ったとき、その編成で第九をやったらどんなサウンドになるのか?という疑問から出発しましたので、じつは一番最初に第九を聴いています。その時の印象はあまりよくなかったのですが・・・・・

聴いているうちに、これ、いいぞ!と変わって行きました。特に、スマホに入れて、Xperiaの機能であるDSEE HXを入れたり入れなかったりしながら聴いてみると、なんと緊張感があって引き締まった、情熱的な演奏であることか!

さすがにベートーヴェンも、第九を作曲するときには当時としては大編成のオケを組んで初演したことが記録に残っています。それよりも少ない編成で、初演よりも大編成の演奏を聴きなれた聴衆を納得させるだけの表現ができるか、そして自分たちの「歌」が歌えるかは、こういった小編成のオケにとって至上命題とも言えるでしょう。

その至上命題を、いともたやすくしてしまっていることに、3度目くらいから気づいたのです。いやあ、すごい!

正直、演奏としては変態演奏とは言えません。いつも私が問題にするvor Gott!の部分もほぼ6拍ですし。よくぞ室内楽に毛が生えた編成でもって、大編成にそん色ない演奏を実現したなあと思います。シュタンゲルの編曲も素晴らしいのだとは思いますが、少なくともどこかを端折るとかは演奏からは感じられません。おそらく、弦5部あたりしかいじっていないのではないでしょうか。例えば、ヴィオラが二つに分かれる部分とか、です。

本当にこの演奏は、まさにこのCOVID-19感染拡大の今だからこそ、聴く価値があると思います。第九は大編成だから、公衆衛生上演奏が難しいと投げる前に、どこまで小編成でできるのかを追求することもまた、大切だと教えてくれます。

この全集に巡り合ったのは、まさに「自分を超えた大きな力」からのギフトだとしか思えません。

 


聴いているハイレゾ
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲
交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」
アンドレア・ローレン・ブラウン(ソプラノ)
ウルリケ・マロッタ(メゾ・ソプラノ)
マルクスシェーファー(テノール)
ベルンハルト・シュプリングラー(バス)
コーラスヴェルケ・ニュルンベルク
ペーター・シュタンゲル指揮
タッシェンフィルハーモニー
(Naxos Edition Taschenphilharmonie)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

神奈川県立図書館所蔵CD:コダーイ チェロ作品全集1

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回から3回シリーズで、コダーイのチェロ作品全集を収録したアルバムをご紹介します。

コダーイと言えば、ハンガリーを代表する作曲家であり、音楽教育家でもありました。「ハーり・ヤーノシュ」や「孔雀」で有名な人ですが、結構小品というか、管弦楽以外の方面でも有名な作曲家でもあります。私などは合唱曲でもシンパシーがある人でもあります。

そんなコダーイの、チェロのための作品を集めた全集の、まずは第1集。小品と二重奏曲、そしてバッハの作品を編曲したものとバラエティに富んでいます。

「抒情的ロマンス」と「アダージョ」の2曲は、実にコダーイらしい和声で聴かせるチェロのみの作品。これも素晴らしいのですが、特に印象的なのは、「3つのコラールとプレリュード」。BWVからすればあまり関連がない3つの作品を、コダーイらしさを前面にだした編曲となっており、特に「ああ、そもそもわれらの命はBWV743」はまるで別の作品になっているかのようです。

ただし、この3つのコラール、バッハ事典を紐解いてみると、すべて偽作の疑いが・・・・・となると、この3つが組み合わさったのは、コダーイの意図したものかもしれません。BWV747に至っては、ブクステフーデの様式とも言われています・・・・・ただ、それでバッハが作曲しないとも限らないので、なんとも言えないところ。そのあたりを、コダーイは自らの編曲で確かめたかったのかもしれません。

そして、ヴァイオリンとチェロの二重奏曲。和声的にハンガリーの民俗音楽を背景にしている部分もたくさんありますが、とても甘くて、もうパフェよりも甘いかも(って、スピードワゴンかよ!)。それもまた、素敵な時間が過ごせる音楽だと思います。

コダーイと言えば、ハンガリーの民俗音楽を基礎とした和声によって、どこかエキゾチックな印象がありますけれども、やはりヨーロッパなのだということを、この第1集では教えてくれます。コダーイという作曲家の本質を、この第1集では提示しているように私には思えます。

演奏するのは、ハンガリー演奏家たちですが、確か元音源はナクソスだったと思いますけれど、本当にリスペクトしているというか、歌っているんですよね。こういう演奏は私好みです。どんな演奏評であったとしても、たとえばカラヤンを文明論で語ったところで共感を得にくいと思います。むしろ、その演奏は歌っているか、その歌は自らの歌か?という問いのほうが、なるほどと思ってもらえるのではないでしょうか。

この演奏もしっかり歌っており、さすがプロというところ。もう少し歌ってもいいんじゃないかって思う部分もありますが、それは演奏者と私の違いなのかもしれません。

 


聴いている音源
コダーイゾルターン作曲
叙情的ロマンス(1898)
3つのコラールとプレリュード(原曲;ヨハン・セバスティアン・バッハコダーイ編曲)
 1.ああ、そもそもわれらの命はBWV743
 2.天にましますわれらの父よBWV762
 3.われらに救いを賜うキリストはBWV747
アダージョ(1906)
ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲作品7
ミクロ―シュ・ペレニー(チェロ)
デネス・ヴァリョン(ピアノ)
ガボール・タカーチ・ナジ(ヴァイオリン)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

神奈川県立図書館所蔵CD:スクリャービン ピアノ・ソナタ全集3

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、シリーズで取り上げているスクリャービンのピアノ・ソナタ全集、今回はその第3集を取り上げます。

最終回となるこの第3集には、むしろピアノ・ソナタではなくそれ以外のピアノ作品が収録されており、実際にはスクリャービンのピアノ作品集と表記するほうが正確だと思います。

メインは24の前奏曲。それ以外のカップリングではスクリャービンらしい、神秘主義的和声が聴こえますが、この「24の前奏曲」ではむしろ、印象派あるいは後期ロマン派というような和声のほうが強く、スクリャービンの神秘和声しか好まない人にはちょっと退屈かもしれません。

しかし、私にとってはそのらしからぬ和声が新鮮で、魅力的でもあります。もちろん、「法悦の詩」のような神秘和声も大好きですが、一方でこのようなちょっと古めかしいけれど、洒脱な和声も魅力を感じます。

スクリャービンのピアノ作品がいかに多様性があり、魅力的なのか・・・・・それを演奏にて味わいながら提示するのが、小山実稚恵。適度なアコーギクはいい感じで酔わせてくれますし、彼女自身の「歌」のようにも聴こえます。とにかく歌うピアノは実に美しく、つい音楽に耽溺してしまいます・・・・・

いや、耽溺していいと思います。ウィーン・フィルの後期ロマン派の作品を聴くのが好きな人たちは、端的に言えば音楽に耽溺しているわけですから。ストレスフルな現代人なら、そういう音楽も私は必要だと思います。ただ、それだけでいいとは思わないので、私はほかの作曲家の音楽も聴きますが・・・・・

ベートーヴェンスクリャービンも、自らのしたい表現をしているという点では、どちらも魂を表現した作曲家だと言えるわけですから、ぜひとも今後も味わい続けたいなと思います。少なくとも、小山女史の演奏により、私の視野はまたがぜん広がったと言えます。

 


聴いている音源
アレクサンドル・スクリャービン作曲
即興曲ヘ短調作品14-2
24の練習曲作品11
3つの小品作品2
2つの詩曲作品32
2つの詩曲作品44
2つの詩曲作品69より第1曲アレグレット
練習曲嬰ヘ長調作品42-3
練習曲ホ長調作品8-5
練習曲ニ短調作品8-12
詩曲「焔に向かって」作品72
前奏曲作品51-2
小山実稚恵(ピアノ)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~府中市立図書館~:シュタルケルの「無伴奏チェロ組曲」

東京の図書館から、今回は府中市立図書館のライブラリをご紹介します。ヤーノシュ・シュタルケルのチェロによる、バッハの「無伴奏チェロ組曲」全曲です。

バッハの「無伴奏チェロ組曲」はすでに鈴木秀美氏のヴィオラ・ダ・ガンバのものをもっており、それもお気に入りですが、モダン・チェロによる演奏は実はまだだったりするのです。

しかも、この演奏はシュタルケルじゃないですか!おお、素晴らしいものがある!と思い、借りてきたのがこれです。本当に府中市立図書館は神奈川県立図書館並みのライブラリがあるので素晴らしいと思います。府中市立図書館の素晴らしいのは、クラシックだけではなくむしろほかのジャンルは神奈川県立図書館を超えるライブラリがある点ですけれど・・・・・いつかは、西城秀樹の追悼もやっていました。

そんな府中市立図書館からの一枚が、このシュタルケルの「無伴奏チェロ組曲」全曲、であるわけです。プレイボタンをクリックしたとたんに、部屋中に広がる、優雅かつ情熱的なチェロ。しかも、特に奇数番号ではまるで踊っているみたい・・・・・・

一方、偶数曲では、訥々と歌うチェロ。このコントラストが素晴らしい!鈴木秀美氏と同じように、モダン・チェロでも組曲が「舞曲」だということを忘れない解釈と、一方で踊りに使ったわけではないという点を考慮した、深いスコアリーディング。その結果として歌うチェロ。こんな幸せな時間があるでしょうか?

特に、第6番「ガヴォット」は本当に踊っています!しかも、徹底的に明るく歌う!2枚組なので2回に分けて掲載しようかとも考えましたが、今回は二つで一つとして扱いました。もう、一気に聴いてしまいたい衝動に、1枚目を聴いているうちにかられました・・・・・

この組曲の演奏によくある、強いアインザッツも十分ありつつ、曲によってはほかの人の演奏ではあってもこの演奏にはなかったりします。しかし、それは全く気にならず、シュタルケルの個性なんだなと納得できますし、むしろ好感が持てるものでもあります。

本当に、こういう演奏こそプロだと毎回こういう演奏を聴くと思います。今まで聴いてきたものとは異なるもので、ともすれば否定してしまう場合もあるものを、納得させる技量と魂。むしろこっちのほうがいいとすら思わせる説得力こそ、プロだと思います。優れた才能を持った人であるということが、この演奏でも明らかだと思います。別に下記ウィキを読まなくても・・・・・・

ja.wikipedia.org

普通は音源を2回聞いてから原稿を書きますが、この演奏はそれを待たずに書いています。次々と私の中に演奏を聴いて霊感がまるでチャイコフスキーが言うがごとく湧き上がってくるのです。こういう演奏に出会えることはめったにないこと。これは可及的速やかにスマホに入れてしまいたいなあと思います。問題は、さて、アップサンプリングしてか、それとも機器にアップサンプリングさせるか、ですねえ。

 


聴いている音源
ヨハン・セバスティアン・バッハ作曲
無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007
無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調BWV1009
無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調BWV1011
無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調BWV1008
無伴奏チェロ組曲第4番変ホ長調BWV1010
無伴奏チェロ組曲第6番ニ長調BWV1012
ヤーノシュ・シュタルケル(チェロ)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~府中市立図書館~:フレスコバルディのチェンバロ作品集

東京の図書館から、今回は府中市立図書館のライブラリである、フレスコバルディのチェンバロ作品集を取り上げます。

昨年5月に、フレスコバルディのリュート作品を取り上げていますが・・・・・

ykanchan.hatenablog.com

リュートの作品を作曲する人は結構鍵盤楽器を専門とする人も多く(時代が下ればバッハ、あるいはギターになりますがアルベニスもそうです)、フレスコバルディもそもそもは鍵盤楽器の作品が多い人です。

ja.wikipedia.org

だからこそ、上記エントリで借りたものを聴いたとき、次は鍵盤楽器だなあと漠然と思っていた自分がいます。

そのフレスコバルディのチェンバロ曲。バロックですから音が多くキラキラしたものが多いのが特徴ではありますが、このアルバムの演奏者であるレオンハルトバロック音楽の研究者的存在でもありますから、ウィキの中で言う「フレスコバルディは、テンポ(速度)について近代的な考え方をした革新者の一人であり、厳格なタクトゥスによる白譜定量記譜法と、作品中での加速と減速によって特徴付けられるテンポという近代的な概念の、いわば中間の考え方をした。」というのをアコーギクをつけることで明確にし、作品が持つ生命を存分に引き出しています。

そう、簡単に言えばそれはアコーギク、です。バロック時代の作品はあまりアコーギクをかけない、というかその概念がないというべきで、ですからテンポは一定になることが多いのですが、フレスコバルディの作品はアコーギクをかけることでがぜん生命力を持つように思います。

ただ、アコーギクをかけるのが近代的かと言えば、私としてはそうは思っていません。確かに、クラシック音楽の歴史という意味では近代的なのですが、むしろ本来民衆の音楽では普通だったのに、王侯貴族はそれを嫌っていただけである、という認識です。それが徐々に変わって行き、フランス革命以降、メジャーになっていったというのが私の歴史観です。

その意味では、フレスコバルディは先進的というか、共和的な精神を持っていた人だったと言えるでしょう。むしろ、バロック音楽には結構そういった改革者が多く、その音楽が残ってきているという事実は大きいと思います。

確かに和製的にはバロック、しかし、聴いていて特段バロック的な古さを感じないのがここに収録されているフレスコバルディの作品が持つ魅力だと思います。ロケーションは教会なのですが、実にちょうどいい響きとなっており、レオンハルトがそれほど肩に力を入れて演奏しているわけではないことを意味しており、それなのに作品が歌い、踊り、そのことにより生命を宿していくのを聴いているのは、本当に素敵な時間です。

 


聴いている音源
ジローラモ・フレスコバルディ作曲
トッカータ第1巻第10番(1615)
トッカータ第1巻第11番(1615)
リチェルカーレ第9番(4つのソジェットによる)(1615)
カンツォーナ第4番(「トッカータ集第2巻」より)(1627)
カンツォーナ第3番(「クリヴェッリ」による)(「11のカンツォーナ・アラ・フランチェーゼ」より)
フォリアによるパルティ―タ(1615)
不協和音のカプリッチョ(1624)
トッカータ第1巻第7番
1つのソジェットによるカプリッチョ(1624)
ファンタジア第3番(1つのソジェットによる)(1608)
トッカータ第2巻第2番(1627)
バレット第1番(コレントとパッサカーリ)(1637)
バレット第2番(コレント)(1637)
ファンタジア第9番(3つのソジェットによる)
トッカータ第2巻第10番
グスタフ・レオンハルトチェンバロ

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。