かんちゃん 音楽のある日常

yaplogから移ってきました。日々音楽を聴いて思うことを書き綴っていきます。音楽評論、想い、商品としての音源、コンサート評、などなど。

東京の図書館から~府中市立図書館~:アラウが弾くベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集10

東京の図書館から、府中市立図書館のライブラリをご紹介しています。11回シリーズで取り上げています、アラウが弾くベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集、第10集を取り上げます。

ようやく第10集まで来ましたが、この第10集もここまで聴いてくればもう聴く前からワクワクすると言っていいでしょう。当然ですが、残りは第30番~第32番。その3曲が第10集に収録されています。特にジャズの先駆ともいわれる第32番第2楽章を、どのように演奏するのか。もうワクワクしかありません。

第30番の演奏が始まったとたん、そのロマンティシズムと古典的美との融合に酔いしれます。うわお!さすがアラウだ~

そして、第32番。第1楽章は短調ながらも長調への転調部分は本当に美しいのですが、そこを強調するかのような演奏。そして第2楽章では、思い切りジャズらしいリズムを刻みながらも、歌いまくるその演奏を聴きますとむしろやはりここはジャズではないと気付かせてもくれます。これぞプロ!

瀬川玄氏や、そのサロンに集うピアニストの方たちのおかげでピアノ曲の魅力に開眼した私ですが、ベートーヴェンのピアノ・ソナタの録音で、ようやく本当に美しく素晴らしい、喜びに満ちた演奏に出会えたような気がします。聴いていて、私自身に喜びが満ちてくるのがわかるんです。ベートーヴェンのピアノ・ソナタを聴いていてうれしい私がいるんです。幸せに満ち、このままでいたいとすら思うような・・・・・

しかし、過度に酔わせないのも、アラウの魅力だと思っています。この演奏でもアコーギクを存分に使いながらも、古典的美とのバランスが絶妙なのがそれです。特に第30番と第31番ではそれが顕著で、ベートーヴェンの「いい枯れ具合」を絶妙に表現しているのが本当に素晴らしい!

私自身、年齢的にはベートーヴェンがこれらの作品を書いた年齢に差し掛かっています。そんな私自身の内面と、シンクロニシティするのかもしれませんし、あるいはフラッシュバックがあるのかもしれませんが、聴いていて共感で満たされているのに気付くんです。録音時代からして電気的な再生は否めませんが、そんなハンディを跳ね飛ばす、深いスコアリーディングによる、名演だと断言していいでしょう。

今年はベートーヴェン生誕250周年。ファジル・サイによるハイレゾ全集が結構安値で出ているのですが、果たして、アラウとどのように違い、どのように似ていて、どのように喜ばせてくれるのか、じつは悩み中です。予算的にそれほどかけられない状況で、さて、どのように優先順位付けをしていくか・・・・・このアラウの演奏を聴いてしまうと、マヂで悩んでいます。

 


聴いている音源
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲
ピアノ・ソナタ第30番ホ長調作品109
ピアノ・ソナタ第31番変イ長調作品110
ピアノ・ソナタ第32番ハ短調作品111
クラウディオ・アラウ(ピアノ)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~府中市立図書館~:アラウが弾くベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集9

東京の図書館から、府中市立図書館のライブラリをご紹介しています。11回シリーズで取り上げているクラウディオ・アラウが弾くベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集の、第9集を取り上げます。

この第9集を聴くのを、今回も、そして借りたときもワクワクしていたんです。なぜなら、この第9集には、私がベートーヴェンのピアノ・ソナタのうち最も好む作品2つが収録されているからです。第28番と、第29番「ハンマークラヴィーア」。

特に第29番「ハンマークラヴィーア」は、いくつか全集を借りていますがいまだにピアニスト瀬川玄氏を超えるものがないという・・・・・もちろん、演奏全てを聴いたわけではないですから、さらにいい演奏は必ずあると思いますが、現時点では瀬川玄氏の演奏を超えるものがないんです。それだけ強烈な演奏だったわけですが・・・・・

匹敵するのが、このアラウです。テンポの揺れというか、アコーギクの使い方が絶妙!ともすれば、そのアコーギクだと、ちょっと・・・・・と私が思っても、次のフレーズで、え~、そうだったのか!これはいい!と印象を変えさせてくれる、説得力にあふれる、見事なまでに「歌う」演奏なんです。アラウ節全開!

ここまで、極端なアコーギクはつけてきていないアラウなんですが、このハンマークラヴィーアは思いっきりアコーギクをかけています。それが全然嫌味じゃないんです。むしろ、アラウの共感がビンビン伝わってきます。これはいいわ~

多分、私が聴いた録音されたものの中では、最高位に位置する演奏だと思います。特に第3楽章は本当にじっくり演奏しており、生で初めてハンマークラヴィーアを聴いた瀬川氏の演奏に匹敵するくらいのゆったりなテンポ。というより、おそらく瀬川氏はアラウを念頭に置いていたのではないかって思います。共になんと私の琴線を揺らしてくれるんだろう・・・・・泣くかも。

一方の第28番。これもゆったりとしたテンポですが、気持ちが高ぶって自然にアップテンポになっている部分もあり、自らの感情を見事なまでに演奏として表現しているのはさすがです。こういう演奏。もっとリアルでピアニストの方にはしてほしいなって思います。どんなにまねをしようがアラウになれっこないわけなんですから、近づきつつ自分のスタイルを出せばそれでいいのではッて思います。

おそらく、28番と29番がセットになっているのは、聴衆の要求もさることながら、アラウの視点なのかもって思います。アラウもこの2曲が大好きだったのではないか・・・・・テンポ、タッチ、アコーギクのつけ方など、聴いているとそう思える部分が多々あります。

もしアラウが現在も生きていたとすれば、機会があるのであればぜひともインタビューしたかったですね。アラウさん、第28番と第29番、お好きですよね?と。そこからどんな話題が飛び出すか、楽しかったのに・・・・・

スピーカーの前で、想像しながらしかできないのは、ちょっぴり寂しいです。

 


聴いている音源
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲
ピアノ・ソナタ第28番イ長調作品101
ピアノ・ソナタ第29番変ロ長調作品106「ハンマークラヴィーア」
クラウディオ・アラウ(ピアノ)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方に、感謝申し上げます。

コンサート雑感:SETAGAYA QUODLIBET第5回演奏会を聴いて

コンサート雑感、今回は2020年1月13日に聴きに行きました、Setagaya QUODLIBETの第5回演奏会を取り上げます。

セタガヤ・クオドリベットさんはその演奏会に第1回からほぼ毎年行っていることになります。回を追うごとに上手になっていくそのさまを見ているのはとても幸せな時間です。

そして今回は、さらに素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

自分たちが歌いたいバッハのカンタータを少人数で歌う・・・・・これをコンセプトに結成されたセタガヤ・クオドリベットさん。今回はモテットも含めて5曲という、素晴らしいプログラム。期待は開始前から相当膨らみます・・・・・って、当日やっぱりギリギリだったんですけどね。

特に、合唱団員のソリストが本当にうまい!いやあ、もう3年くらい前のばらつきは全然ないです。ある程度ソリストが固定されてきたせいもあるのか、みな本当に素晴らしい歌唱。それは表現という意味でも素晴らしく、もうバッハのカンタータ演奏において、ある一定のレベルに達したと思っています。

今回もBCJ団員である指揮者青木氏のソロもあったのですが、青木氏のみというのがなかったのが特徴だったかなと思います。それだけ、団員が育ってきたといえるでしょう。もちろん、バッハのカンタータにはアルトソロのものもありますが、あえて今回はそれを選択せず、団員がソリストを務める中で一緒にソリストとして歌うというスタンスだったのが印象的です。

各曲せいぜい20分くらいの曲ですが、しかしその「20分だから」というのはアマチュアにとって禁物です。それは私自身、モーツァルトの「戴冠ミサ」を歌った経験からはっきりと言えます。その時だってようやくだったんですから・・・・・それをです、モテットも含め5曲やっちゃおうって言うんですから、本当にこの団体は育ったなあって思います。もうセミプロと言っていいのでは?

もちろん、それはある程度練習時間など余裕がないと難しい話でもあり、仕事もしている人もいるはずの中で本当によく練習したんだなと、ひしひしと伝わってきます。青木氏も苦労したようですが、さらに苦労したのはやはり歌いたい!とセレクトした団員一人一人自身だっただろうと思います。

実は、モテットとカンタータではオケの編成がガラリと変わるのですが、その変化にも見事に対応。関東におけるバッハ合唱曲演奏のエキスパートとしてあげてもいいと思います。指導者がBCJだからというのもあるでしょうが、そもそも団員一人一人の努力する才能だと思います。これは本当に素晴らしい!

最後のカンタータ第75番「貧しいものは食べて満たされ」の表現もばっちり!少なくとも突っ込みどころはほとんど見当たらず、少なくとも私は覚えていません。こういう団体はこれからも応援していきたいなあって思います。

え、参加しませんかって?そりゃあ、魅力的ではありますが、ひっさしぶりに再開する人間は足を引っ張ってしまいますよ。もちろん猛練習すればどうにかなるとは思いますが、現在実家を出て一人住まいですから・・・・・生活しつつ、仕事もして、となると、かなり難しいかなって思います。少しずつ再開しつつ、ある一定のレベルまで行ったなら、ぜひともご一緒したいと思います。その時がいつになるかはわかりませんが・・・・・

来年もまた、ぜひとも聴きに行きたいと思います。

 


聴いてきたコンサート
SETAGAYA QUODLIBET第5回演奏会
ヨハン・セバスティアン・バッハ作曲
カンタータ第23番「あなたは真の神にしてダヴィデの子」BWV23
カンタータ第196番「主は私たちのことを思われ」BWV196
モテット「私はあなたを離しません」BWV.Ahn.159
カンタータ第46番「目を凝らして見よ、かつてこれほどの痛みが」BWV46
カンタータ第75番「貧しいものは食べて満たされ」BWV75
青木洋也指揮、カウンターテナー
SETAGAYA QUODLIBET

令和2(2020)年1月13日、日本聖公会神田キリスト教

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方に、感謝申し上げます。

神奈川県立図書館所蔵CD:フランク 室内楽曲全集3

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、4回シリーズで取り上げていますフランクの室内楽曲全集、今回はその第3集を取り上げます。

この第3集では、ピアノ三重奏曲が収録されています。しかし、フランクのピアノ三重奏曲はただのピアノ三重奏曲ではなく、第1番と第2番ともに「協奏的三重奏曲」と銘打たれているものです。

確かに、ピアノ協奏曲を弦楽三重奏曲でやろうとしていますし、重厚さもありますが、とはいえ、室内楽作品。その美しさは絶品!第1番の第1楽章など、もう聴いているうちに落涙しそうになりました・・・・・

比較的若いころの作品がこのピアノ三重奏曲の二つで、カタログ番号ではCFF111と112があたえられていますが作品番号とFWVはともに1。1841年という時期に書かれた作品です。若かりしフランクの意欲作だったんだなと思います。

はっきり言って、この二つのピアノ三重奏曲、虜になりました。美しく、まるで私の内面を覗かれたみたい・・・・・なんであなたは私の内面の悲しさや苦しみを知っているの?という感じです。こういう作品に出合えるからこそ、名が知れているけれども管弦楽しか我が国ではあまり知られていない作曲家は、室内楽から入るほうがいいんですよねえ。まあ、フランクの場合その管弦楽作品すらまともに聴いたことないですが・・・・・

だからこそ、その全集を借りてきたんですね。ここまで聴いていて、フランクの室内楽曲はもう絶品!なんで食わず嫌いだったんだろうって思いますよ、ほんと・・・・・

最後の大三重奏曲は実は上記2曲よりも古い作品ですが、作品番号は6。1834年の作品で、さらに若いころの作品ですが、これもまた美しい・・・・・まるで私の若かりし頃のよう・・・・・って、禁句?可憐な曲です。

演奏するのは、第1集の二人に、ヴィオラのネイスとチェロのグリムを加えた4人。アラウのようにこの4人も「歌う」んですよねえ、これが。アコーギクなどを表現するためのツールとして過度にこだわらず使い、楽しくも、つい落涙しそうになる美しく味わいのある演奏をしてくれます。あなた方、なんで私の内面をそんなに知っているの?作曲者もさ、演奏者もさ・・・・・って、ついそう思ってしまいます。もちろん面識などですから私のことを知る由もないですが、それでもどこか共感する私がいるんです。ナイーヴで強くも弱くもある私自身を、そのままでいいんだよと言いたげに・・・・・

 


聴いている音源
セザール・フランク作曲
ピアノ三重奏曲(協奏的三重奏曲)第1番嬰ヘ短調作品1-1CFF111
ピアノ三重奏曲(協奏的三重奏曲)第2番変ロ長調作品1-2CFF112
大三重奏曲ハ短調~ピアノ、ヴァイオリンとチェロのための CFF108
デヴィッド・ライヴリー(ピアノ)
タチャーナ・サムイル(ヴァイオリン)
トニー・ネイス(ヴィオラ
ユストゥス・グリム(チェロ)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方に、感謝申し上げます。

神奈川県立図書館所蔵CD:フランク 室内楽全集2

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、4回シリーズでフランクの室内楽全集をとりあげていますが、今回はその第2回目。第2集を取り上げます。

第2集には弦楽四重奏曲ピアノ五重奏曲が収録されています。室内楽の王道の作品だといえますが、フランクはそれを1曲ずつしか作曲していません。けれども、それぞれはとても印象深い優れた作品です。

それぞれカタログ番号では124と121という番号がふられており、ともにフランクの晩年近くの作品です。そのせいか、とても穏やかだったり、時として激しかったり・・・・・私としては魂を揺さぶられる作品達です。

そんな作品たちを、この全集では弦楽四重奏団を中心にさらにコントラバスとピアノにソリストを迎えて演奏しています。コアが弦楽四重奏団だからなのか、演奏はどこかそれぞれの想いをそれぞれが慮りながら、ソリストたちとまた魂を歌を紡いでいく、そんな感じがまたいいですね~。

とにかく、これもしっかりと「歌って」います。正直、室内楽で楽譜を「なぞる」ような演奏が可能なのかとすら思うのですが・・・・・特にロマン派で。そんな演奏に巡り合ってしまう人は、あまりにも聴く作曲家やジャンルが偏ってしまっているからではないでしょうか。その意味では私は図書館に通うということを覚えて本当によかったと思っています。なぜなら、図書館から「いやなら削除すればいいだけ」という気軽な気持ちでかりることができるから、です。

CDを買うなどという行為は、それだけ自分で直接金を出していますから、どうしても期待しすぎてしまうんですね。だから裏切られると恨んでしまうものなのです。しかし、借りてきたものでありかつリッピングしたものであれば、自分が本当に嫌なら削除すればいいだけです(実際、私もカラヤンチャイ5は削除しています)。そうすれば、あとくされなど全くありません。あれは不幸なことだったね、と笑って許せることなのです。

そんな借りるという行為の中で出会ったこの演奏なのです。本当にうれしくて!しっかりと歌い、紡いでいるこの演奏、決して日本で有名な団体でもソリストたちでもないですが、そんな立場の演奏家たちが私を感動させてくれる・・・・・なら、ほんとに有名どころだとどれだけ素晴らしいのか!と思わずワクワクするでしょ?なのでこんな素晴らしい演奏にしかも図書館でかりてくるという行為で巡り合えることは、私にとって至福の時なのです。かなーり面倒な行為ではありますけどね・・・・・

その面倒な行為の先にある「苦悩を突き抜けた歓喜」こそ、私が大切にすることなのです。

 


聴いている音源
セザール・フランク作曲
弦楽四重奏曲ニ長調CFF124
ピアノ五重奏曲ヘ短調CFF121
デヴィッド・ライヴリー(ピアノ)
コルネール・ル・コント(コントラバス
マリブラン四重奏団
 タチャーナ・サムイル、ヨーレント・ド・マーイエル(ヴァイオリン)
 トニー・ネイス(ヴィオラ
 ユストゥス・グリム(チェロ)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~府中市立図書館~:アラウが弾くベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集8

東京の図書館から、府中市立図書館のライブラリをご紹介しています。シリーズでお届けしているアラウが弾くベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集、第8集をお届けします。

後半に差し掛かってきたこの全集ですが、第8集には第23番と第24番、第26番と第27番が収録されています。第25番は前回第7集に収録されています。

第25番だけが第7集だったのは理由としてはわかりません。時間配分の問題かもしれませんし・・・・・

ですが、この第8集では、第23番では少し強迫的な演奏もあります。とはいえ、思わずアップテンポしてしまったような感じ。アラウの「歌」の範囲内での表現になっています。第26番「告別」の第3楽章は再会のうれしさで思わず感情が高まっている様子をアップテンポとキラキラしたピアノで表現しています。

全体的にいえることは、ほかのピアニストなら普通にアップテンポで弾くだけになるかもしれないところを、ちょっとだけテンポをじっくり目にして、あくまでも「歌う」んです。これがとても魂を揺さぶるんです。私にとっては共感の嵐です。

このアラウの演奏を聴いてしまいますと、本当にクルレンツィスなどまだまだ修行が足らないんじゃないかって思います。もちろん彼がやりたいことはわかりますし、ぜひとももっと熟成させてほしいのですが、それにはまだまだ時間がかかるように思います。折角トップソリストたちが集まるオケなのにって思うと、残念なんですね、チャイコの「悲愴」だとかは・・・・・

人の悲しみ、喜び、つらさ、苦しみと言ったものを、さらりと「歌う」ことで表現して、納得させてしまうアラウの表現力・・・・・それは、人間力だったのかもしれません。ハイレゾで聴いてみたかったなあ。

 


聴いている音源
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲
ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調作品57「熱情」
ピアノ・ソナタ第24番嬰ヘ長調作品78「テレーゼ」
ピアノ・ソナタ第26番変ホ長調作品81a「告別」
ピアノ・ソナタ第27番ホ短調作品90
クラウディオ・アラウ(ピアノ)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~府中市立図書館~:アラウが弾くベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集7

東京の図書館から、府中市立図書館のライブラリをご紹介しています。シリーズでお届けしているクラウディオ・アラウが弾くベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集の第7集です。

第7集には、第19番~第22番と第25番の5曲が収録されています。実際には第4番あたりと同じくらいに作曲された第19番と第20番の作品49がまとめられ、そのほかにワルトシュタイン、そして22番と25番と並びますと、アラウの一つの「目」というものもおぼろげながら見えてくるのかなと思います。

例えば、第19番と第20番は、本来第20番、第19番の順に弾けば一つのソナタになると言われている作品ですが、アラウはあえて番号順に弾いていきます。それでも不自然さがないことが、アラウの歌う演奏だと如実に現れます。そこにベートーヴェンの新しさや、茶目っ気を見るような気がしてなりませんし、アラウもそう言っているかのように聴こえるから不思議です。

第21番「ワルトシュタイン」はつい第1主題を駆け抜けてしまいがちですが、アラウはじっくり弾くのです。そのゆったりさが誠に自然!むしろ、アラウのように弾いたほうがワルトシュタインはいいのでは?と思わんばかりです。

アラウとしては、自分のスタイルを貫いているだけだとは思いますが、それでも強迫的な演奏もこの全集では見られる中で、まったく強迫的なものがないというのは一つのメッセージなのかもと思います。私はこれらの作品に関しては愛し合い、じっくり弾きたいんだ、というような。

特にワルトシュタインは、私は思わず「そう、これ!」って叫びました。どこか強迫的なワルトシュタインに違和感を感じていたんです。けれどもアラウはじっくり弾いてくれる。それが私の魂に完全にフィットしたんです。何度聴いていても幸せです(#^.^#)

この第7集だけ取り上げても、この全集は素晴らしい金字塔だと思います。

 


聴いている音源
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲
ピアノ・ソナタ第19番ト短調作品49-1
ピアノ・ソナタ第20番ト長調作品49-2
ピアノ・ソナタ第21番ハ長調作品53「ワルトシュタイン」
ピアノ・ソナタ第22番ヘ長調作品54
ピアノ・ソナタ第25番ト長調作品79
クラウディオ・アラウ(ピアノ)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方に、感謝申し上げます。