かんちゃん 音楽のある日常

yaplogから移ってきました。日々音楽を聴いて思うことを書き綴っていきます。音楽評論、想い、商品としての音源、コンサート評、などなど。

東京の図書館から~小金井市立図書館~:プロコフィエフ作品集

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、プロコフィエフの「冬のかがり火」などを収録したアルバムをご紹介します。

旧ソ連の芸術に対する「嵐」の洗礼を受けたのは何もショスタコーヴィチだけではなくプロコフィエフもでした。特にプロコフィエフの場合、ソ連外へ出ていることも多かったこともあり、新しい波とソ連での扱われ方のはざまで苦労した人でした。

ここに収録されている作品群はほとんどそういった嵐の時代に作曲されたもので、嵐の時代以外のものは「みにくいあひるの子」と「古典交響曲」ではないでしょうか。ある意味、嵐の時代のものがサンドウィッチになっています。

第1曲目のその「みにくいあひるの子」は1914年の作品。和声もさることながら、終わりも突然というかんじで、モダニズム全開です。

www7b.biglobe.ne.jp

第2曲目「夏の一日」はもともとは「子供ための音楽」というピアノ曲から7曲をオーケストレーションして組曲にしたものです。1940年という、嵐の時代に平易な音楽をということで書かれた作品ですが、そうはいってもドラマティック。

suisse.exblog.jp

第3曲目の交響的スケッチ「秋」は季節は全く関係ないそうなんですが、それでもどこか秋の豊潤な色彩が想起される作品です。

ja.wikipedia.org

第4曲目の「冬のかがり火」。まさにプロコフィエフがジダーノフ批判に晒されていた時に名誉回復のために書かれた作品です。第5楽章の「ピオネールの集い」はまさに少年団を描いて見せており、その点ではショスタコーヴィチの「森の歌」をほうふつとさせます。

ja.wikipedia.org

最後の古典交響曲はもう有名なので省きますが、とにかくプロコフィエフ作品集として、非常にヴォリュームのあるものになっていることは確かで、オペラやバレエだけではないプロコフィエフ作品の魅力に満ちています。

タクトを振るは自身も作曲家であるセレブリエール。オーケストラはスコットランド室内管。存分にオケを歌わせる演奏はセレブリエールらしいなあと思います。モダニズム的作品であっても、どこか人間臭さが感じられるのがこの演奏の特徴。え、プロコフィエフってこんなに人間的な作品書いているのか?と驚きを感じるかもしれません。

近代オーケストレーションとはいかなる方向を向いていたのか・・・・・その一片を自然と演奏で述べ上げているこの演奏は実に上質。さすがはセレブリエールだと脱帽します。

 


聴いている音源
セルゲイ・プロコフィエフ作曲
みにくいあひるの子 作品18(歌詞英訳:C.マカッリスター、C.ファーレイ)
子供の組曲「夏の一日」作品65bis
交響的スケッチ「秋」作品8(小管弦楽のための)
組曲「冬のかがり火」作品122
交響曲第1番ニ長調作品25「古典交響曲
キャロル・ファーレイ(ソプラノ)
ペイズリー寺院少年合唱団(合唱指揮:ジョージ・マックフィー)
ホセ・セレブリエール指揮
スコットランド室内管弦楽団

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

今月のお買いもの:アダム・フィッシャー指揮デンマーク室内管弦楽団によるベートーヴェン交響曲全集1

今月のお買いもの、今回から9回シリーズでアダム・フィッシャー指揮デンマーク室内管弦楽団によるベートーヴェン交響曲全集を取り上げます。e-onkyoネットストアでの購入、ハイレゾ96kHz/24bitです。

この音源の購入に至ったのはある意味なんとなくなんですが、実は前々から興味はもっていた全集でした。銀座山野楽器で買おうかとも思ったことさえありました。ようやくその「時」が来た、という感じです。

室内オケの本格的なベートーヴェン交響曲全集を持つのは私にとってはこれが初めて。結構ワクワクしながらポチリました。

さて、その第1回目は交響曲第1番。これがまた溌溂として、また思い切りもいい演奏!それほど快速というわけではないんですがしかし引き締まった演奏で爽快です。しかも舞踏性も持っていて楽しい!

特にベートーヴェンとなるとどこか精神性ということが前面に出てしまい、作品そのものが持つ生命力というのがどこか希薄になることもあるのですが、この演奏はそんなことがなくとても生命力があり、まさに楽しいという言葉が適切です。

特に今先の見えない病にかかっている私にとって、こういう楽しさや喜びを感じる演奏は、生きる意味を見出し、再度立ち上がろうという意識を持たせてくれます。青年ベートーヴェンが満を持して世に問うた第1番交響曲。生命のおすそ分けをいただいた感じがしています。

 


聴いているハイレゾ
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲
交響曲第1番ハ長調作品21
アダム・フィッシャー指揮
デンマーク室内管弦楽団
(Naxos)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~府中市立図書館~:パデレフスキ ピアノ小曲集

東京の図書館から、府中市立図書館のライブラリをご紹介します。今回はパデレフスキが作曲したピアノの小品集を収録したアルバムをご紹介します。

パデレフスキはこのブログでも交響曲をご紹介していますが、実はもともとはピアニスト。そのため、圧倒的に多いのがピアノ作品なのです。

ja.wikipedia.org

ここに収録されている作品を聴く限りでは、確かに国民楽派的な音楽も含め、後期ロマン派的な作品が多いように思います。その意味ではパデレフスキの名前がそれほど有名ではないのも仕方がないかもしれません。しかし、人懐っこい音楽はなんだかホッとするもので、喜びに満ちています。

時代の変革期を生きるというのは、難しい部分もあるものです。パデレフスキの作品が多くないということもその証左ではないでしょうか。しかし、今日聴いても響くだけのものを、ブレずに書き続けたとも言えるでしょう。どこか芯の通ったものを感じます。

演奏するステファンスカは特に奇をてらう演奏をしているわけではないんですが、とても慈愛に満ちた演奏になっているのが好印象。どこか自然と歌っているのも魅力的。ロケーションは東京の秋川ですが、武蔵野の果てのその風景と、パデレフスキが情景として描こうとしたポーランドとどこかシンクロニシティするかのような音色もまた素敵で、パデレフスキという作曲家を聴き手に強く印象付ける結果になっています。

そろそろ、私たち日本の聴衆も、有名作曲家だけではなく、もっといろんな作曲家の作品を聴くようになってもいいのでは?と思います。確かに音楽はどれだけ長く聴かれ続けるかで残るものですが、どうも我が国の場合、それは作られている側面もあるような気もしますので・・・・・ショパンだけがピアニストではないわけですから。勿論ベートーヴェンも聴かれ続けていますが、ロマン派のピアノ作品であっても、リストとショパン以外はどうも人気薄 なので・・・・・

それはもう脱却したほうがいいように、私は思います。

 


聴いている音源
イグナーツ・ヤン・パデレフスキ作曲
メヌエット ト長調(演奏会用ユモレスクより)
カプリッチョ前奏曲
悲歌
クラコヴィアク(ポーランド舞曲集より)
マズレク(ポーランド舞曲集より)
クラコヴィアク(ポーランド舞曲集より)
メロディ(旅人の歌より)
クラコヴィアク(ポーランド舞曲集より)
マズレク(ポーランド舞曲集より)
夕べに(五月のアルバムより)
愛の歌(五月のアルバムより)
スケルツィーノ(五月のアルバムより)
幻想的クラコヴィアク(演奏会用ユモレスクより)
サラバンダ(演奏会用ユモレスクより)
伝説曲(ピアノ小曲集より)
メロディ(ピアノ小曲集より)
夜想曲(ピアノ小曲集より)
楽興の時(ピアノ小曲集より)
メヌエット(ピアノ小曲集より)
ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ(ピアノ)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~:府中市立図書館~:シェドヴィル「忠実な羊飼い」

東京の図書館から、府中市立図書館のライブラリをご紹介します。古典派の作曲家シェドヴィルの作品「忠実な羊飼い」をご紹介します。

シェドヴィルは古典派の作曲家なのですが、この作品はバロック期のソナタの形で書かれています。時代的にバロック的なものも残っていないわけでもないのですが、18世紀後半という時代だと、いささか様式的には古い感じになります。なのになぜ?

それは実は、当時ヴィヴァルディの「四季」が大人気だったことに起因します。ヴィヴァルディの「四季」は様式的にはバロックですが、3楽章制を取るなど、古典派的な協奏曲の要素を持つ先進的な作品でした。その意味では、18世紀後半という時代は、時代が「四季」という作品に追いついた時代だともいえるのです。

この「忠実な羊飼い」という作品は、そういったヴィヴァルディの作品を分解したうえで再構築した作品で、かつてはヴィヴァルディのフルート・ソナタ作品13とされていた作品なのです。

item.rakuten.co.jp

上記サイトはシェドヴィルの別の作品「春、または楽しい四季」という、ヴィヴァルディの「四季」を同じように分解して再構築した作品のものですが、「忠実な羊飼い」も同じような作品なのです。

こういう作曲手法は結構Jpopで作曲の基礎として教えられているのと似たものですが、18世紀でも同じようにしていた作曲家がいた、ということになります。おそらくこのような手法は、ハイドンベートーヴェンも研究手法として使っていたはずです。

演奏は、そんな細かいことは気にせずに作品を楽しんでいるのが印象的。バロック的な作品をバロックの作品として味わっているのが伝わってきます。それだけ、シェドヴィルが作曲家としても有能だった証左でしょう。

 


聴いている音源
ニコラウス・シェドヴィル作曲(伝アントニオ・ヴィヴァルディ
「忠実な羊飼い」(全6曲)~フルートと通奏低音のためのソナタ
イレーナ・グラフェナウアー(フルート)
ブリギッテ・エンゲルハルト(チェンバロ、オルガン)
ベルリン・フィルハーモニー・デュオ
 イェルク・バウマン(チェロ)
 クラウス・シュトル(コントラバス

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

今月のお買いもの:ジョヴァンニ・アントニーニとバーゼル室内管弦楽団によるベートーヴェンの第九

3か月ぶりに復活した「今月のお買いもの」、令和4年1月にe-onkyoネットストアで購入したハイレゾベートーヴェンの第九を取り上げます。

この3か月は新しく何かを買うとかそういう余裕が全くなく、手のしびれなどがずっと強い状態が続いてきたこともあり、新しいものを買うのを控えてきました。ようやくいろんなヘルプなどがあるようになってようやくなら久しぶりにと思い買いましたのがベートーヴェンの第九です。

指揮はジョヴァンニ・アントニーニ。オーケストラはバーゼル室内管弦楽団バーゼル室内管は器用なオケだそうで、古楽でもモダンでも演奏可能とのこと。これは面白そうだなと思い購入を決めました。特に決め手は、この音源をオーディオ評論家である麻倉怜士氏が紹介していたことです。

96kHz/24bitなので、スペックとしては多少落ちますが、私はそもそもソニーのDSEE HXを動作させて聴いていますので、192kHz相当にはなります。ああ、こういう聴き方ありだなと思いました。とはいえ、192kHzがあればそちらを選びますが・・・・・

さて、この音源、麻倉氏は「音調はまことにクリアーで清涼」と述べておられますがその通り、各パートの音がしっかり聴こえつつ、全体としての音の塊が飛んでくるという感じで、とても熱い!舞踏的と麻倉氏もおっしゃっていますがまさに舞踏的。そもそも、楽譜をよーく見てみれば第九という作品は舞踏的な作品なんです。

ベートーヴェンの第九は、そもそもフランス革命の影響を受けているため、フランス風の行進曲のリズムが多用されている作品でもあります。ですから本来舞踏的になるのが普通なんです。そのうえで指揮者のアントニーニはそもそもリコーダー奏者であることもあり、フレージングもしっかりしており、とても音が豊かに聴こえます。

とはいえ、この演奏は第4楽章vor Gott !の部分はvor1拍に対してGott !は4拍。残り2拍は残響という変体演奏。しかし、その変体振りは全く気にならずむしろ静謐なほど。合唱は力強くしなやか。連帯の喜びがひしひしと伝わってきます。

まさに爽快な演奏です。それでいて熱いものが詰まってもいます。合唱はしゃべっているというよりは徹底的に歌っていますが、それもまた気になりません。とても高いレベルの演奏で、これが室内オケで実現されているということが、21世紀という時代であろうとも感じます。特にウィズ・コロナということを考えたときに、こういった演奏はますますその重要度を増していくことでしょう。

 


聴いているハイレゾ
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲
交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」
レグラ・ミューレマン(ソプラノ)
マリー・クロード・シャピュイ(メゾ・ソプラノ)
マクシミリアン・シュミット(テノール)
トーマス・E・バウアー(バリトン)
ヴロツワフフィルハーモニー合唱団
ジョヴァンニ・アントニーニ指揮
バーゼル室内管弦楽団
(Sony Classical 96kHz/24bit)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から:小金井市立図書館~:バレンボイムが弾くメンデルスゾーンの「無言歌集」2

東京の図書館から、小金井市立図書館のライブラリである、ダニエル・バレンボイムが弾くメンデルスゾーンの「無言歌集」を2回シリーズで取り上げていますが、今回はその第2回目。第2集を取り上げます。

第2集には、「無言歌集」の後半と、子供のための小品 作品72、ヴェネツィアの舟唄、アルバムの綴り 作品117が収録されています。作品72は「ヴェネツィアの舟唄」をはさんで収録という形を取っています。

メンデルスゾーンがピアノで表現しようとした「歌」、無言歌集。その「歌」の情景まで聴き手に想像させるような演奏をバレンボイムはしています。むしろバレンボイム自身がまず聴き手になっているのではないかと思うような表現で、歌となっているのにどこか絵画や動画を想起してしまいます。

その点で、以前取り上げた全集とはちょっとだけ視点が異なっているように思われます。徹底的に「無言歌集の本質」を突き詰めている演奏だと言えるでしょう。歌うとは?表現とは?聴いていてとても考えさせられる演奏です。

全集の二つ目で、とても優れた解釈の演奏に出会えたのはラッキーでした。もしかすると、購入で考えていたら出会えていなかったかもしれません。バレンボイムと言えば最近は指揮者ですから。しかしバレンボイムのキャリアはピアニストから始まっており、そのピアニストとしての演奏はやはり1970年代あたりに集中しています。この演奏も1973年のもの。そんな時代の録音は、さすがのばれんぼいむとはいえ、廃盤になっていてもおかしくないですから。

しかし、図書館ならあるわけです。リッピングすればいつでも自分で聴くことができます。こういうちょっと古いけれどいい演奏を保有するというのも、図書館の大切な役割でもあります。その最たるものが、我が国では国立国会図書館。その役割が、いつまでも続くことを願ってやみません。

さて、1973年の録音ですから、今回もソニーのMusic Center for PCでDSEE HXを動作させて聴いています。しっかりと臨場感も出ており、技術の高さは素晴らしいものです。1970年代の録音だからこそ、動作させて聴いていたいものです。

 


聴いている音源
フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ作曲
無言歌集 第5集 作品62
無言歌集 第6集 作品67
無言歌集 第7集 作品85
無言歌集 第8集 作品102
子供のための小品 作品72
ヴェネツィアの舟唄
二つの小品(作品72)
アルバムの綴り 作品117
ダニエル・バレンボイム(ピアノ)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。

東京の図書館から~小金井市立図書館~:バレンボイムが弾くメンデルスゾーンの「無言歌集」1

東京の図書館から、今回と次回の2回に渡り、バレンボイムが弾くメンデルスゾーンの「無言歌集」を取り上げます。

無言歌集はすでにこのブログでも取り上げていますので、どんな作品なのかは以下のウィキ参照で代えます。

ja.wikipedia.org

この作品は、ピアノ曲でありながら、「歌」でもあるという点が特色だと思います。ゆえに、どれだけピアノで「歌うのか」が重要ではないでしょうか。

第1集では、バレンボイムはピアノで「歌う」ことを重視しているように思いますが、ちょっとだけ「ピアノ作品」という意識が強いかな、とも感じます。第1集第3曲「狩りの歌」は明らかに行進曲。もうちょっと歌ってほしいなと思うのですが、とはいえ、全体的にはピアノを「歌わせて」います。これはさすがです。

こんなところにも、現在の指揮者としての活躍の基礎があるのではないでしょうか。ピアニストが指揮者になるとフレージングを大切にしない人もいるのですが、バレンボイムが結構フレージングを大切にしてオケを鳴らすのは、そもそもピアノで演奏するときにも歌ことを厭わない事によるものと考えていいからです。

そんな興味もあってこの音源は借りてきたものだったのですが、ドンピシャ!むしろその「歌」に様々な風景までつけているような演奏になっているのはむしろ魅力。一つのドラマになっているんです。メンデルスゾーンの「無言歌集」という作品が一つの世界を構築しているものであり、私はその世界を表現しているんだと言いたげです。

いやあ、本当にじっくりその「世界」を味わいつくしたように思うんですが、しかしまだ前半。まだ後半が待っています。さて、どんなお味なのか、とっても楽しみです。

 


聴いている音源
フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ作曲

無言歌集 第1集 作品19
無言歌集 第2集 作品30
無言歌集 第3集 作品38
無言歌集 第4集 作品53
ダニエル・バレンボイム(ピアノ)

地震および津波、水害により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福と復興をお祈りいたします。同時に救助及び原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方、そして新型コロナウイルス蔓延の最前線にいらっしゃる医療関係者全ての方に、感謝申し上げます。