かんちゃん 音楽のある日常

yaplogから移ってきました。日々音楽を聴いて思うことを書き綴っていきます。音楽評論、想い、商品としての音源、コンサート評、などなど。

クラシック

コンサート雑感:テネラメンテ・フィルハーモニー管弦楽団第9回定期演奏会を聴いて

コンサート雑感、今回は令和6(2024)年6月8日に聴きに行きました、テネラメンテ・フィルハーモニー管弦楽団の第9回定期演奏会のレビューです。 テネラメンテ・フィルハーモニー管弦楽団さんは、東京のアマチュアオーケストラです。2016年創立と若いオーケス…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:ヤブロンスキー兄弟による、ピアノ2台の魅力

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、ヤブロンスキー兄弟による2台ピアノの演奏によるアルバムをご紹介します。 実は、アルバム名は「ラプソディー・イン・ブルー」。言わずと知れた、アメリカの作曲家ガーシュインの作品です。た…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:マゼール、アシュケナージとロンドン・フィルハーモニー管弦楽団によるスクリャービン

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、スクリャービンの「法悦の詩」「プロメテウス」とピアノ協奏曲を収録したアルバムをご紹介します。ロリン・マゼール指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ピアノはウラディーミル・アシ…

コンサート雑感:宮前フィルハーモニー交響楽団第52回定期演奏会を聴いて

コンサート雑感、今回は令和6(2024)年6月2日に聴きに行きました、宮前フィルハーモニー交響楽団の第52回定期演奏会のレビューです。 宮前フィルハーモニー交響楽団はこのブログでも何度も取り上げている、川崎市宮前区にあるアマチュアオーケストラです。 …

東京の図書館から~小金井市立図書館~:バレンボイムとデュ・プレによるベートーヴェンのチェロ・ソナタ全集2

東京の図書館から、2回シリーズで取り上げております、小金井市立図書館のライブラリである、ダニエル・バレンボイムとジャクリーヌ・デュ・プレによるベートーヴェンのチェロ・ソナタ全集、今回は後半の第2集を取り上げます。 収録されているのは、第4番と…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:バレンボイムとデュ・プレによるベートヴェンのチェロ・ソナタ全集1

東京の図書館から、今回と次回の2回に渡りまして、小金井市立図書館のライブラリである、ダニエル・バレンボイムとジャクリーヌ・デュ・プレによるベートーヴェンのチェロ・ソナタ全集のアルバムを取り上げます。 ベートーヴェンのチェロ・ソナタをこのブロ…

コンサート雑感:小金井市民オーケストラ第41回ファミリーコンサートを聴いて

コンサート雑感、今回は令和6(2024)年6月1日に聴きに行きました、小金井市民オーケストラ第41回ファミリーコンサートのレビューです。 小金井市民オーケストラに関しては、このブログでも一度取り上げております。 ykanchan.hatenablog.com この時は定期演…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:アシュケナージとロイヤル・フィルハーモニー交響楽団によるショスタコーヴィチ交響曲第8番他

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、ウラディーミル・アシュケナージ指揮ロイヤル・フィルハーモニー交響楽団の演奏によるショスタコーヴィチの交響曲第8番他を収録したアルバムをご紹介します。 交響曲第8番だけであれば、ああ、…

神奈川県立図書館所蔵CD:バーバー 作品集

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回はバーバーの作品を収録したアルバムをご紹介します。 ・・・って、もう終わったコーナーですよねって?はい、実はもう神奈川県立図書館で借りてきたCDはご紹介し終わったと思っていました。ところが・・・ どうもPC…

コンサート雑感:府中市民交響楽団第89回定期演奏会を聴いて

コンサート雑感、今回は令和6(2024)年5月26日に聴きに行きました、府中市民交響楽団第89回定期演奏会のレビューです。 府中市民交響楽団さんは、このブログでも2度ほど取り上げております。府中市民の間ではかなりの人気を持つアマチュアオーケストラで、…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:スクロヴァチェフスキと読売日本交響楽団によるショスタコーヴィチ交響曲2

東京の図書館から、2回シリーズで取り上げております、小金井市立図書館のライブラリである、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮読売日本交響楽団の演奏によるショスタコーヴィチの交響曲集、今回は第2回目として第11番を収録したアルバムをご紹介しま…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:スクロヴァチェフスキと読売日本交響楽団によるショスタコーヴィチ交響曲1

東京の図書館から、今回と次回の2回に渡り、小金井市立図書館のライブラリである、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮読売日本交響楽団の演奏によるショスタコーヴィチの交響曲を演奏したアルバムをご紹介します。 まず第1回目の今回は、ショスタコーヴ…

コンサート雑感:中央大学管弦楽団第91回定期演奏会を聴いて

コンサート雑感、今回は令和6(2024)年5月18日に聴きに行きました、中央大学管弦楽団第91回定期演奏会のレビューです。 またはしごしたのですかって?はい、先週、カルペディエム・コレギウム・ムジクムを5月18日に聴きに行ったと述べましたが、おっしゃる…

コンサート雑感:カルペディエム・コレギウム・ムジクム2024を聴いて

コンサート雑感、今回は令和6(2024)年5月18日に聴きに行きました、カルペディエム・コレギウム・ムジクム2024を取り上げます。 カルペディエム・コレギウム・ムジクムは、正式には団体名ではなく、2月に聴きに行った第九を演奏したカルペディエム・フィル…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:クレンペラーとニュー・フィルハーモニア管弦楽団によるベートーヴェンのミサ・ソレムニス

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、オットー・クレンペラーが指揮したベートーヴェンのミサ・ソレムニスのアルバムを取り上げます。 ミサ・ソレムニスと言えば幾人かの作曲家が作曲していますが、最も有名なのがベートーヴェンと…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:メンデルスゾーン オルガン・ソナタ

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、メンデルスゾーンのオルガン・ソナタを取り上げます。 メンデルスゾーンと言えば、管弦楽作品で有名ですが、実は歴史的には鍵盤楽器奏者としての評価が高かった人です。 ja.wikipedia.org ゆえ…

コンサート雑感:ナズドラヴィ・フィルハーモニー特別演奏会を聴いて

コンサート雑感、今回は令和6(2024)年5月12日に聴きに行きました、ナズドラヴィ・フィルハーモニーさんの特別演奏会を取り上げます。 ナズドラヴィ・フィルハーモニーさんは東京のアマチュアオーケストラで、チェコの作曲家の作品を演奏する団体です。現在…

音楽雑記帳:ガーディナーとオルケストレル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクのベートーヴェン交響曲全集の中での「第九」の演奏とは

音楽雑記帳、今回は4回シリーズで取り上げてきました、小金井市立図書館のライブラリである、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮オルケストレル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクの演奏によるベートヴェンの交響曲の全集、その最後として、今回は第…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:カシオーリが弾くベートーヴェンの変奏曲集

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、ベートーヴェンの変奏曲集を取り上げます。演奏するのは、ジャンルカ・カシオーリ。イタリア生まれのピアニストです。 ja.wikipedia.org 主にドイツ・グラモフォンからアルバムを出しており、…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:ガーディナーとオルケストレル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクによるベートヴェン交響曲全集4

東京の図書館から、4回シリーズで取り上げております、小金井市立図書館のライブラリである、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮オルケストレル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクによるベートヴェンの交響曲全集、今回は第4集を取り上げます。 この…

コンサート雑感:オーケストラ・ラム・スール第8回演奏会を聴いて

コンサート雑感、今回は令和6(2024)年5月4日に聴きに行きました、オーケストラ・ラム・スールの第8回演奏会のレビューです。 え?ラ・フォル・ジュルネではないんですかって言う、ア・ナ・タ。いやあ、値上げの影響は私にも出ておりまして・・・どこかで1…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:ガーディナーとオルケストレル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクによるベートーヴェン交響曲全集3

東京の図書館から、4回シリーズで取り上げております、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮オルケストレル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクによるベートヴェンの交響曲の全集、今回はその第3集を取り上げます。 第3集には、交響曲第5番「運命」と第…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:ガーディナーとオルケストレル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクのベートーヴェン交響曲全集2

東京の図書館から、4回シリーズで取り上げております、小金井市立図書館のライブラリである、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮オルケストレル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクの演奏によるベートーヴェンの交響曲全集、今回は第2集を取り上げま…

今月のお買いもの:J. S. バッハ 世俗カンタータ Vol. 9

今月のお買いもの、令和6(2024)年5月に購入したものをご紹介します。今回はバッハ・コレギウム・ジャパンのバッハ世俗カンタータ第9集を取り上げます。e-onkyoネットストアでの購入、flac96kHz/224bitです。再生はwindows11マシンにてTuneBrowser使用、192…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:ガーディナーとオルケストレル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクのベートーヴェン交響曲全集1

東京の図書館から、今回から4回シリーズで、小金井市立図書館のライブラリである、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮、オルケストレル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクによるベートーヴェンの交響曲全集を取り上げます。今回はその第1回目として…

東京の図書館から~府中市立図書館~:プロコフィエフ ピアノ・ソナタ全集3

東京の図書館から、3回シリーズで取り上げております、府中市立図書館のライブラリである、プロコフィエフのピアノ・ソナタ全集、今回はその最終第3集を取り上げます。 第3集には、第8番と第9番が収録されています。なお、プロコフィエフはピアノ・ソナタを…

今月のお買いもの:バッハ世俗カンタータ第7集

今月のお買いもの、今回は令和6(2024)年4月に購入したものをご紹介します。e-onkyoネットストアにて購入しました、バッハの世俗カンタータ第7集、バッハ・コレギウム・ジャパンのアルバムになります。ハイレゾflac96kHz/24bitです。 バッハのカンタータと…

東京の図書館から~府中市立図書館~:プロコフィエフ ピアノ・ソナタ全集2

東京の図書館から、3回シリーズで取り上げております、府中市立図書館のライブラリである、プロコフィエフのピアノ・ソナタ全集、今回はその第2回目です。第2集を取り上げます。 第2集には、第5番から第7番までが収録されています。この全集は番号順でという…

東京の図書館から~府中市立図書館~:プロコフィエフ ピアノ・ソナタ全集1

東京の図書館から、今回から3回シリーズで、府中市立図書館のライブラリである、プロコフィエフのピアノ・ソナタ全集を取り上げます。 プロコフィエフは、ロシアの作曲家ですが、交響曲やバレエ音楽、ピアノ協奏曲など管弦楽曲で有名です。ですが、ピアノ協…

コンサート雑感:MAXフィルハーモニー管弦楽団 ブルックナー生誕200年 特別演奏会

コンサート雑感、今回は令和6(2024)年4月14日に聴きに行きました、MAXフィルハーモニー管弦楽団のブルックナー生誕200年を記念する特別演奏会のレビューです。 MAXフィルハーモニー管弦楽団さんは、このブログでは毎年年末にエントリをアップしておりまし…