かんちゃん 音楽のある日常

yaplogから移ってきました。日々音楽を聴いて思うことを書き綴っていきます。音楽評論、想い、商品としての音源、コンサート評、などなど。

クラシック

東京の図書館から~小金井市立図書館~:退廃音楽シリーズ

東京の図書館から、小金井市立図書館のライブラリである、退廃音楽シリーズの一枚を取り上げます。 退廃音楽シリーズは、以前「今月のお買いもの」コーナーで取り上げていますが、今一度退廃音楽と何か?を確認しておきましょう。 ja.wikipedia.org ようする…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:グラズノフとバラキエフのピアノ作品集

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、グラズノフとバラキエフのピアノ作品を収録したアルバムをご紹介します。 グラズノフは音楽史上実は非常に重要な役割りを果たした人なのですが、いまいち日本では人気がない作曲家です。このブ…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:グリュミオーが弾くヴュータンのヴァイオリン協奏曲第4番と第5番

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、アルテュール・グリュミオーのヴァイオリンで演奏されるヴュータンのヴァイオリン協奏曲第4番と第5番を収録したアルバムをご紹介します。 ヴュータンのヴァイオリン協奏曲は、すでに全曲をナク…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:サヴァリッシュ指揮シュターツカペレ・ドレスデンによるシューマン交響曲全集2

東京の図書館から、小金井市立図書館のライブラリである、ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮シュターツカペレ・ドレスデンの演奏によるシューマンの交響曲全集を取り上げる2回シリーズ、今回はその第2回です。 2枚組の全集の2枚目は、第3番と第4番、そして…

音楽雑記帳:インバル指揮フランクフルト放送響の演奏によるマーラー交響曲第5番をハイレゾ相当で聴いてみる

音楽雑記帳、今回は私のコレクションの中から、エリアフ・インバル指揮フランクフルト放送交響楽団演奏のマーラー作曲交響曲第5番を、ハイレゾDSD2.8kHz相当で聴いてみた、ということで書いていきたいと思います。 6月に購入したハイレゾの中に、DENONのORT…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:サヴァリッシュとシュターツカペレ・ドレスデンによるシューマン交響曲全集1

東京の図書館から、今回と次回の2回で、小金井市立図書館のライブラリである、ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮シュターツカペレ・ドレスデンの演奏によるシューマンの交響曲全集を収録したアルバムをご紹介します。 シューマンの交響曲に関しては、すで…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:スーク・トリオによるドヴォルザークのピアノ三重奏曲集

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、ドヴォルザークのピアノ三重奏曲集のアルバムをご紹介します。 ドヴォルザークのピアノ作品はあまり評価されていませんが、それでもピアノ三重奏曲となると、そんなに低く見なくてもというのが…

想い:サブスクに未来はあるか

久しぶりの「想い」、今回は音楽定額配信サービス、いわゆるサブスクリプション(略してサブスク、当エントリでは以後この略称で表記します)を取り上げます。 確かにサブスクのサービスが出たときにはびっくりして喜びもしました。しかし、実際音楽家に対し…

東京の図書館から~府中市立図書館~:朝比奈隆と大フィルによるブラームス交響曲全集4

東京の図書館から、4回シリーズで取り上げております、府中市立図書館のライブラリである、朝比奈隆指揮大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏によるブラームスの交響曲全集、最終回の今回は交響曲第4番を収録したアルバムをご紹介します。 元のレーベルは多分…

東京の図書館から~府中市立図書館~:朝比奈隆と大フィルによるブラームス交響曲全集3

東京の図書館から、4回シリーズで取り上げております、府中市立図書館のライブラリ、朝比奈隆指揮大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏によるブラームスの交響曲全集、第3回の今回は交響曲第3番を収録したアルバムをご紹介します。 主調がヘ長調の割には、く…

東京の図書館から~府中市立図書館~:朝比奈隆と大フィルによるブラームス交響曲全集2

東京の図書館から、4回シリーズで取り上げております、府中市立図書館のライブラリである、朝比奈隆指揮大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏によるブラームスの交響曲全集、第2回の今回は交響曲第2番を取り上げます。 第2番以降の作品はブラームスの交響曲の…

東京の図書館から~府中市立図書館~:朝比奈隆と大フィルによるブラームス交響曲全集1

東京の図書館から、今回から4回に渡りまして、府中市立図書館のライブラリである、朝比奈隆指揮大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏によるブラームスの交響曲全集を取り上げます。 4枚組のCDになっているこのアルバムは、朝比奈隆が大阪フィルとの蜜月の中で…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:ヘンデル 二重協奏曲

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、ヘンデル作曲の二重協奏曲を収録したアルバムをご紹介します。 出版された楽譜には「二つの合奏団のための協奏曲」と記載され、現在でもその言い方が通っていますが、実際には二重協奏曲という…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:ブリテン 春の交響曲ほか

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、ベンジャミン・ブリテンが作曲した「春の交響曲」ほかを収録したアルバムをご紹介します。 ブリテンが交響曲を書いていたの?とびっくりされる方もいらっしゃるかもしれません。ブリテンと言え…

東京の図書館から~府中市立図書館~:ラインスドルフとボストン響によるベートーヴェンの第九

東京の図書館から、今回は府中市立図書館のライブラリである、エーリヒ・ラインスドルフ指揮ボストン交響楽団他の演奏によるベートーヴェンの交響曲第9番の演奏を収録したアルバムをご紹介します。 ラインスドルフのような指揮者のCDを買ったことがないため…

東京の図書館から~府中市立図書館~:「炎のコバケン」が振る第九CD盤をハイレゾ相当で聴いてみる

東京の図書館から、今回は府中市立図書館のライブラリである、小林研一郎指揮日本フィルハーモニー交響楽団の演奏によるベートーヴェン第九の演奏を収録したアルバムをご紹介します。 と行きたいところだったんですが、実はこの音源、すでに「今月のお買いも…

音楽雑記帳:ロシアン・クラシックは悪者か

音楽雑記帳、今回はロシアのクラシック音楽について言及したいと思います。 2月に始まった、ロシアによるウクライナ侵攻。私はあえて「ウクライナ事変」(プーチンが「特別軍事作戦」と言及しているため)と個人的には呼んでいるのですが、なかなか終わりが…

東京の図書館から~府中市立図書館~:ヴァイル 7つの大罪他

東京の図書館から、今回は府中市立図書館のライブラリである、ヴァイルのバレエ音楽「7つの大罪」ほかを収録したアルバムをご紹介します。 ヴァイルは何度か紹介している作曲家ではありますが、まだ我が国では「ヴァイルって誰?」というひとも多いので、解…

東京の図書館から~府中市立図書館~:カイベルトとN響の第九

東京の図書館から、今回は府中市立図書館のライブラリである、ヨゼフ・カイベルト指揮NHK交響楽団他の演奏による、ベートーヴェンの第九を収録したアルバムをご紹介します。 ある年齢以上の方なら、懐かしい名前ではないでしょうか。ドイツの名だたる歌劇場…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:クライスラー 作品集2

東京の図書館から、小金井市立図書館のライブラリである、パールマンとサンダースが弾くクライスラーの作品集、今回はその第2回として2枚目をご紹介します。 2枚目は有名な作品も入っていますがむしろ、あまり知られていないような作品のほうが圧倒的に多く…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:クライスラー 作品集1

東京の図書館から、今回と次回の2回に渡り、小金井市立図書館のライブラリである、クライスラーの作品を集めたアルバムをとりあげます。 クライスラーと言えば、ヴァイオリニストとしても、そして編曲者や作曲者としても有名です。しかし、どんな作品を書い…

今月のお買いもの:ORTリマスターによるヴィヴァルディのフルート協奏曲集

今月のお買いもの、令和4(2022)年6月に購入したものをご紹介しています。e-onkyoネットストアにて購入しました、ヴィヴァルディのフルート協奏曲集です。 レーベルはDENON。つまり日本コロンビアですね。1980年代前後のCDの登場によるデジタル化にいち早く…

東京の図書館から~府中市立図書館~:リャプノフ 交響曲第1番ほか

東京の図書館から、今回は府中市立図書館のライブラリである、リャプノフの交響曲第1番などを収録したアルバムをご紹介します。 リャプノフという作曲家は、コアなクラシック・ファンじゃないとあまり知られていない作曲家ではないかと思います。ロシアの後…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:やはりドヴォルザークは「鉄ヲタ」だった!「新世界より」と「モルダウ」の4手ピアノ版

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」とスメタナの「モルダウ」の4手ピアノ版を収録したアルバムをご紹介します。 今回収録された2曲は、それぞれ作曲者によって4手ピアノ版へと編曲され…

今月のお買いもの:聖ヶ丘教会聖歌隊 讃美歌集

今月のお買いもの、令和4(2022)年6月にe-onkyoネットストアにて購入したものをご紹介します。聖ヶ丘教会聖歌隊が歌う讃美歌集を収録したハイレゾアルバム、flac196kHz/24bitです。 東京渋谷にある、プロテスタントの教会である、聖ヶ丘教会。佛教徒の私で…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:シャブリエ 管弦楽作品集

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリであるシャブリエの管弦楽作品集を収録したアルバムをご紹介します。 フランスを代表する作曲家の一人、シャブリエ。その代表的な作品がずらり並んだと言ってもいいような内容です。第1曲目の狂詩曲「…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:ヴァンハル 交響曲集

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、ヴァンハルの交響曲を収録したアルバムをご紹介します。 ヴァンハルは、チェコの作曲家で、古典派の時代に活躍しました。チェコ語だとヴァニュハルという表記のほうが正確であるようです。 ja.…

今月のお買いもの:ビエロフラーヴェクとチェコ・フィルによるドヴォルザーク交響曲と協奏曲全集12

今月のお買いもの、12回シリーズで取り上げております、令和4(2022)年5月にe-onkyoネットストアにて購入しました、イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるドヴォルザークの交響曲と協奏曲全集、最後の第12回は交響…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:武満徹 ミュージング・ゾーンⅡ

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、武満徹の作品を集めたアルバム「ミュージング・ゾーンⅡ」を取り上げます。 武満徹が戦後日本を代表する作曲家であることは、異論をもたないでしょう。ですがアルバム名は一見すると奇妙です。…

東京の図書館から~府中市立図書館~:マズアとライプツィヒ・ゲヴァントハウス管によるブルックナー交響曲全集9

東京の図書館から、9回シリーズで取り上げてきました、府中市立図書館のライブラリである、クルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏によるブルックナーの交響曲全集、最後の第9回を迎えました。 最後の今回は第8番を取り上げます。…