かんちゃん 音楽のある日常

yaplogから移ってきました。日々音楽を聴いて思うことを書き綴っていきます。音楽評論、想い、商品としての音源、コンサート評、などなど。

クラシック

東京の図書館から~府中市立図書館~:フランク 3つのコラールと3つの曲

東京の図書館から、今回は府中市立図書館のライブラリである、フランクの3つのコラールと3つの曲を収録したアルバムをご紹介します。 フランクが作曲した「3つのコラール」と「3つの曲」という2作品が収録されたこのアルバム、そもそもフランクの作品が日本…

東京の図書館から~府中市立図書館~:イギリスの弦楽作品集

東京の図書館から、今回は府中市立図書館のライブラリである、イギリスの弦楽作品集のアルバムをご紹介します。 イギリスと言えば、管弦楽作品でも優れた作曲家を輩出していますが、ここに収録された作曲家たちも本当にどの作品を聴いても素敵です。 とはい…

コンサート雑感:Regenbogen Orchestra 2021年演奏会を聴いて

コンサート雑感、今回は令和3(2021)年6月6日に行われました、Regenbogen Orchestra(レーゲンボーゲン・オーケストラ)の2021年公演を取り上げます。 レーゲンボーゲンとは、ドイツ語で虹を意味するそうで、人々の架け橋になりたいという想いがあるそうで…

神奈川県立図書館所蔵CD:19~20世紀の声楽曲集

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回は19~20世紀の声楽曲を集めたアルバムをご紹介します。 19~20世紀という時代は、単に世紀をまたぐというだけではなく、時代がまさに移り変わっていった時代でもありました。音楽もその例外ではありませんでした。 …

神奈川県立図書館所蔵CD:ストラヴィンスキーとプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回はストラヴィンスキーとプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲を収録したアルバムをご紹介します。 この二人、同じようにみられる傾向にありますが、プロコフィエフはそれほど前衛的な作品へと傾倒したわけではなかった…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:戦いと嵐~ビーバー&ロック作品集

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、ビーバーとロックの二人が作曲した作品を収録したアルバムをご紹介します。 小金井市立図書館にこんなのがあったのか!と目からうろこなのがこのアルバムです。我が国に置いてバロック音楽と言…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:サン=サーンス 6つの練習曲他

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、サン=サーンスが作曲した6つの練習曲二つを含んだアルバムをご紹介します。 サン=サーンスと言えば、我が国では管弦楽曲が有名だと思いますが、実はピアニストとしても優れた人でした。それ…

今月のお買いもの:安田謙一郎氏によるバッハの無伴奏チェロ組曲

今月のお買いもの、令和3(2021)年5月に購入したものをご紹介しています。今回は安田謙一郎氏のチェロによるバッハの無伴奏チェロ組曲です。e-onkyoネットストアでの購入、ハイレゾ192kHz/24bitです。 いや、ほんとに偶然です。昨日リコーダー版を取り上げ…

神奈川県立図書館所蔵CD:リコーダーによる「無伴奏チェロ組曲」2

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、昨日に続いてリコーダーによるバッハの無伴奏チェロ組曲を演奏したアルバムをご紹介します。 さすがにこの第2集に収録された作品たちは移調しているみたいです。それでもなお、「組曲」というジャンルの特色である「舞曲…

神奈川県立図書館所蔵CD:リコーダーによる「無伴奏チェロ組曲」1

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回と次回の2回で、バッハの無伴奏チェロ組曲を取り上げます。とは言っても、通常の演奏ではなく、リコーダーによるものです。 バッハがリコーダーによるものを編曲をしたという事実はないんですが、意欲的な演奏だと思…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:デイヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団によるシューマン交響曲全集2

東京の図書館から、2回シリーズで取り上げています、デイヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の演奏によるシューマンの交響曲全集、今回はその第2回目。第2集を取り上げます。 第2集と言っても、CD2枚目という形になりますが、番号順で…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:デイヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団によるシューマン交響曲全集1

東京の図書館から、今回と次回の2回に渡りまして、小金井市立図書館のライブラリであるデイヴィッド・ジンマン指揮、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の演奏によるシューマンの交響曲全集を取り上げます。 ジンマンとチューリッヒ・トーンハレ管と言えば、…

コンサート雑感:宮前フィルハーモニー交響楽団第48回定期演奏会を聴いて

コンサート雑感、今回は令和3(2021)年5月23日に聴きに行きました、宮前フィルハーモニー交響楽団の第48回定期演奏会を取り上げます。 このブログでも何度か取り上げているアマチュアオケである、宮前フィルハーモニー交響楽団。姉妹団体にいた私が自分のと…

神奈川県立図書館所蔵CD:サリエリ 作品集

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回はサリエリの作品集を収録したアルバムをご紹介します。 サリエリと言えば、映画「アマデウス」で注目された作曲家ですが、音楽史で言えば、その「アマデウス」たるモーツァルトの才能を誰よりも評価し、ベートーヴェ…

神奈川県立図書館所蔵CD:ベートーヴェン バガテル集

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回はベートーヴェンのバガテルを収録したアルバムをご紹介します。 バガテルと言えば、ベートーヴェンのピアノ曲の中でソナタと共に一つの大きな柱となっているジャンルです。特にその言葉の通り、ソナタよりは肩が凝ら…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:ロシア クラリネット作品集

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、ロシアのクラリネット作品集を取り上げます。 正確に言えば、クラリネット・ソナタ集と言っていいのではないかと思います。ピアノも伴奏としてついていますので。ただ、「ソナタ」という曲はこ…

東京の図書館から~府中市立図書館:~ピアノ音楽の改革者たち~20世紀アメリカ・ピアノ作品集~

東京の図書館から、今回は府中市立図書館のライブラリである、20世紀アメリカのピアノ作品集を収録したアルバムをご紹介します。 そもそも、アメリカのクラシック音楽はそのほとんどが20世紀に入って成立したものであると言ってもいいくらいだと思います。そ…

今月のお買いもの:ケンプが弾くベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番と第5番

今月のお買いもの、令和3(2021)年5月に購入したものをご紹介します。ヴィルヘルム・ケンプがピアニストを務める、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番と第5番「皇帝」が収録されたアルバムをご紹介します。e-onkyoネットストアでの購入、flac96kHz/24bitの…

神奈川県立図書館所蔵CD:パガニーニ 24のカプリース

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回は神尾真由子が弾くパガニーニ作曲24のカプリースを収録したアルバムをご紹介します。神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回は神尾真由子が弾くパガニーニ作曲24のカプリースを収録したアルバムをご紹介します。 と…

神奈川県立図書館所蔵CD:トランペット協奏曲集

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回はトランペット協奏曲を特集したアルバムをご紹介します。 この手のアルバムですが、実は以前「今月のお買いもの」コーナーで横浜の関内にあった「プレミアムジーク」というお店で購入したアルバムをご紹介したことが…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:ボイス 8つの交響曲

東京の図書館から、今回は小金井市立図書館のライブラリである、ボイスの8つの交響曲を収録したアルバムをご紹介します。 ボイスって誰やん?まさか声さん?いやあ、もう「おちょやん」も終わりましたからそんなんボケなくてもええねんw英国は時代的にはバロ…

東京の図書館から~府中市立図書館~:ラトルとウィーン・フィルによるベートーヴェン交響曲全集3

東京の図書館から、府中市立図書館のライブラリである、サイモン・ラトル指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるベートーヴェンの交響曲全集、今回はその第3集を取り上げます。 第3集には第4番と第6番が収録されているんですが・・・・・・第6…

東京の図書館から~府中市立図書館~:ラトルとウィーン・フィルによるベートーヴェン交響曲全集2

東京の図書館から、シリーズで取り上げている、府中市立図書館のライブラリである、サイモン・ラトル指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるベートーヴェン交響曲全集、今回はその第2集を取り上げます。 第2集には、第2番と第5番「運命」が収録されて…

今月のお買いもの:リサ・バティアシュヴィリとバレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリンによるチャイコフスキーとシベリウスのヴァイオリン協奏曲

今月のお買いもの、令和3(2021)年4月に購入したものをご紹介します。e-onkyoネットストアにて購入しました、リサ・バティアシュヴィリのヴァイオリン、ダニエル・バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリンによるチャイコフスキーとシベリウスのヴァイオ…

神奈川県立図書館所蔵CD:鈴木大介 伊福部昭を弾く

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回は鈴木大介が伊福部昭のギター曲を弾いたアルバムをご紹介します。 前回も鈴木大介でしたが、確かまとめて借りたのだと思います。そもそも、伊福部のギター曲は聴く機会も少ないですし。 というか、伊福部はギター曲…

神奈川県立図書館所蔵CD:鈴木大介 ギター協奏曲「北の帆船」

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回は鈴木大介が演奏するアルバム「北の帆船(ほぶね)」をご紹介します。 ギター協奏曲と言えば、「アランフェス協奏曲」が有名なのですが、日本人の作品もあるのか、しかも演奏が鈴木大介かー、と興味をもって借りたの…

東京の図書館から~府中市立図書館~:ラトルとウィーン・フィルによるベートーヴェン交響曲全集1

東京の図書館から、今回から4回シリーズで、府中市立図書館のライブラリである、ラトル指揮ウィーン・フィルによるベートーヴェン交響曲全集を取り上げます。 全集ものならかなりそろっているのが府中市立図書館ですが、このラトルとウィーン・フィルのもの…

東京の図書館から~小金井市立図書館~:モーツァルト初期ヴァイオリン・ソナタ集2

東京の図書館から、小金井市立図書館のライブラリである、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集を取り上げていますが、今回はその第2集を取り上げます。 第2集には、第8番から第16番までが収録されています。作曲年代から言ってギャラントな作品となってい…

今月のお買いもの:飯森範親と日本センチュリー交響楽団のハイドン・マラソン10

今月のお買いもの、令和3(2021)年3月に購入したものをご紹介します。シリーズで買い込んでいる飯森範親指揮日本センチュリー交響楽団による「ハイドン・マラソン」、今回はその第10集です。 まだまだ道は遠い、ハイドンの交響曲全集。まあ、そう簡単に終わ…

神奈川県立図書館所蔵CD:天平の甍 オリジナル・サウンドトラック

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回は武満徹の「天平の甍 オリジナル・サウンドトラック」を取り上げます。 武満徹は数々の映画音楽を作曲したことでも有名です。そのうちの一つが、この「天平の甍」です。ちなみに、甍は「いらか」と読みます。 「天平…