かんちゃん 音楽のある日常

yaplogから移ってきました。日々音楽を聴いて思うことを書き綴っていきます。音楽評論、想い、商品としての音源、コンサート評、などなど。

神奈川県立図書館所蔵CD:カラヤン、フィルハーモニア管によるベートーヴェン交響曲全集1

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回から5回に渡りまして、カラヤン指揮フィルハーモニア管のベートーヴェン交響曲全集を取り上げます。元音源はつまりはEMIです。

この名盤と言われる全集が、神奈川県立図書館にあるんです・・・・・

まあ、どんなもんかはおいおい触れていきますが、端的に言えば、これこそカラヤンらしいのではないかと言う事です。

カラヤンはいくつかベートーヴェン交響曲全集を出しており、そのほとんどはベルリン・フィルとのものですが、玄人筋やコアなクラシック・ファンの間では、ベルリン・フィルとのものよりもこのフィルハーモニアとのもののほうが評価が高く、名盤の誉れも高いものとなっています。私もそう思います。

しかし、カラヤンと言う指揮者は、ベートーヴェンではムラが出ると私は思っており、さっそくこの第1集でも現出しています。

まず第1番は、とてものびのびとしていて、颯爽としています。その上で荘厳さも兼ね備えて、素晴らしい演奏です!快速カラヤンの面目躍如と言ったところです。

で、第3番「英雄」はと言えば・・・・・・悪くはないんです。ただ、勢いだけで突っ走っている感はありますね〜。なんだか、とても強迫的です。感動的な演奏が好きな私でも、「それはないよ〜」って思う感じがあります。

特に第1楽章主題再現部で顕著です。第2楽章の重々しさはテンポ感がよく素晴らしいですし、第3楽章の諧謔的な部分も素晴らしい!でも、第4楽章が英雄を表現するためにアインザッツがきつすぎるんじゃないかな〜って思います。

それがどこか演奏を聴いて窮屈に聴こえてしまうんですよね。フィルハーモニアがカラヤンの意図についていけてないのか、それともそもそもそれがカラヤンの音楽なのか・・・・・レコーディング・エンジニアのせい、という可能性もあるかもしれません。

何故なら、オケはフィルハーモニアなのに、ベルリン・フィル的な音が、響きがするからです。オケはそれぞれ独特の響きを持っているものです。ですからベルリン・フィルのような硬質な音になるとは限らないんですが、この第1集では英雄において、ベルリン・フィルがそこにいるのかと思うような音が散見されるのです。

勿論、それがカラヤンの指示である可能性もありますし、その側面もあると思います。しかし私は普門館第九を持っているわけです。そこでは普段聴くベルリン・フィルの、ともすれば窮屈なアンサンブルとは真反対の、豊潤でかつ力強いアンサンブルが聴けます。

となると、ベルリン・フィルの「生のサウンド」とは一体何なのかと考えるわけです。カラヤンが活躍した時代とは、指揮者だけではなくレコーディング・エンジニアも活躍し、名が知られた人もたくさんいた時代であることを、批判するときには知らねばなりません。となれば、これはレコーディング・エンジニアのせいなのかもと考えるほうが自然であるように思います。

カラヤンが録音現場、特にエンジニアがイコライザをいじる部分にタッチしていたことは有名ですが、それはある意味当然なんですね、カラヤンの時代であれば。ただカラヤン程現場に立ち入らなかっただけ、です。それがカラヤン以外の大指揮者たちでした。でもそれはイコライザでいじることに反対だったことを意味しません。イコライザでいじられることを「受け入れて」、そのいじられたままを受けれた人たちだっただけなんです。

ようするに、カラヤン以外の指揮者はレコーディング・エンジニアを信頼していたんですね。あるいは声を上げられなかったのかもしれませんが、多分前者でしょう。

いきなり、カラヤン批判の本質をつく演奏となっているのには驚かされますが、カラヤン批判、或はそれが非難の人たちは、このフィルハーモニアとのセッションを聴いていないことが多いかと思います。神奈川県立図書館がこのフィルハーモニアとのセッションを置いているということは、司書の方たちの耳が素晴らしいことを意味するかと思います。こういうライブラリは是非とも続けていただきたいと思います。




聴いている音源
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲
交響曲第1番ハ長調作品21
交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
フィルハーモニア管弦楽団

地震および津波により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。同時に原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方に、感謝申し上げます。




このブログは「にほんブログ村」に参加しています。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村