かんちゃん 音楽のある日常

yaplogから移ってきました。日々音楽を聴いて思うことを書き綴っていきます。音楽評論、想い、商品としての音源、コンサート評、などなど。

神奈川県立図書館所蔵CD:バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティ―タ2

神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティ―タを取り上げていますが、今回はその2枚目を取り上げます。

パルティ―タ第2番と、第3番のソナタとパルティ―タです。この曲集の中で最も有名なのがそのパルティ―タ第3番かもしれません。

でも、この2枚目に収録された作品たちは、バッハのこういった作品がいかに舞曲で溢れて居るのかを、私達に教えてくれます。

作品の基本的な説明は前回しているので、ウィキのページを再掲しておくにとどめます。

無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E4%BC%B4%E5%A5%8F%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%81%A8%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BF

ソナタは4楽章で、パルティ―タは必ずしも決まった楽章数ではないということを、前回述べたと思いますが、さらに言えば、ソナタ第3番の第2楽章ではフーガがあります。その上で、パルティ―タの舞曲群ときき比べてみる、というのも面白いと思います。

なぜか、バッハと言えば重々しい雰囲気が好まれるのですが、勿論それを否定はしません。バッハ自身も敬虔なプロテスタントでしたから、その精神性を前面に出していく演奏は素晴らしいですし、それを駄目だと言うつもりはないんです。ただ、ではなぜパルティ―タは舞曲ばかりなのでしょう?となると、?となる人は多いと思います。

そもそも、こういった作品ではバッハは勤めて宗教的なものは前面に出しません。それでも、この作品ではソナタの神への献呈が垣間見え、その上で世俗的である舞曲のパルティ―タとの対比という構造になっています。その上で、3つのソナタとパルティ―タとなっていることで、キリスト教における3という数字が持つ「完全性」が表明されているわけです。

ソナタの、言わばがちがちの構成と、パルティ―タの舞曲の世俗性。それが「3」によって統合されている・・・・・不完全なものを何とか完全なものにしようとする人間が、神によって守られている・・・・・私にはそんな世界が見えます。

クレーメルはテンポが幾分速めで、所謂オルガンのような重音の響きを楽しみたいと言う人には少し不満かも知れません。一方で、この作品が持つ神と人との対比や、舞曲が存分に詰まっているということははっきり判る演奏になっており、全体像をつかむにはもってこいの演奏であると言っていいでしょう。

特にパルティ―タ第3番は、壮麗で爽快です。バッハが持たせた「完全性」がはっきりと浮かび上がり、その上で演奏には喜びが満ちています。単なる外形的美だけではなく、内面から湧き上る演奏する喜びが、私達に伝わってきます。

それは、この作品が恐らく、バッハの子供や弟子たちの教育用としても機能していたという説を裏付けるものでもあるでしょう。知的作業をどうしても伴うこの作品を演奏するという事は、一体どういうことなのかを、クレーメルは演奏で持って私達に教えてくれます。

舞曲をあまりにも重々しく演奏するということは、当時の「音楽を親しむ」という、ごく当たり前のことを忘れた行為なのかも知れません。それはそれで、演奏者の主観が前面に押し出されたものなのだということを理解したうえで楽しんだ方がいいように思います。その解釈でいい演奏はたくさんありますから、それを否定したくはないのです。

ただ、バッハが教育用にも作曲したとすれば、例えば作曲するうえで、神と人との関係はどう扱うのかや、3という「完全性」はどう扱うのかなどの、基礎資料になった可能性がある訳です。実際、この無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティ―タの構成が受け継がれた作品を、私達日本人は年末に歌っているのです。ベートーヴェンの第九がそれです。

例えば、第4楽章における、「喜びの歌」の旋律の繰り返しを見てみましょう。オケのユニゾンになるまでに3度繰り返され、4度目にユニゾンで奏されますが、これはベートーヴェンが3という数字を嫌ったためと言われていますが、私の解釈は少し違います。あえて、3ではなく4である、なのです。

無伴奏ソナタとパルティ―タにおいて、ソナタは4楽章制を採っていますが、それは3という数字からずらされているとも言えるわけです。ベートーヴェンはその「ずらされた」ということに焦点を当て、4回繰り返したのだとすれば、第九の当該旋律が意味することは、異なってきます。そしてそれは合唱が入ってからの1度目のクライマックスであり、常に私が第九の演奏評で問題にするvor Gott!の部分につながってくると言えます。

バッハにとって、「自分より偉大な存在」はキリスト教の神だけでしたが、ベートーヴェンにとってはそれだけではなかったという説もあります。自分の周りの人間にも、そんな自分よりも偉大な存在がいる・・・・・それは、神ではないから3という完全を表わす数字では表せない。だからあえて4であるのだとすれば、第九という作品を単なる自由を求める作品とだけ解釈するのは誤りだという事になります。連帯だとか、仲間の大事さだったりとか、もっと私たちの身のまわりにある「大切なこと」を表現している作品であると言えます。

であれば、第九もバロックからの歴史を受け継いでいる作品であり、その上で新しい世界、或は社会を表明した作品であると言えるでしょう。バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティ―タを聴くということ、そしてそれをクレーメルの演奏で聴くということは、音楽史における「連続性」と発展の歴史、そしてその時代に生きた人間の、悩み、苦しみ、喜び、哀しみを聴くということであろうと思います。




聴いている音源
ヨハン・セバスティアン・バッハ作曲
無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティ―タ
パルティ―タ第2番ニ短調BWV1004
ソナタ第3番ハ長調BWV1005
パルティ―タ第3番ホ長調BWV1006
ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)

地震および津波により被害にあわれた方へお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。同時に原発の被害を食い止めようと必死になられているすべての方に、感謝申し上げます。




このブログは「にほんブログ村」に参加しています。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村